2007年12月23日

Realtek HD Audio rear inputのクソ野郎

マイクを買ったんです。



買ったのは良いんです。
これをパソコンに接続してマイク入力から録音しよう。
簡単なことだ・・・と。
僕はそう思っていました。

しかしですね・・・。
サウンドエンジンでいざ録音を開始してみるとですよ。

音が小さい!?
なんじゃあこりゃぁ!?

色々模索した結果。
Realtek HD Audio rear inputというオーディオデバイスを使用しているパソコンは、スカイプ等でマイクを使うと、大きさを最大にしてもかなり聞き取りにくいほどの音しか出せないということがわかりました。

前に安物のヘッドセットを買ったけども音が小さすぎて
・・・オイオイ(゚Д゚#)ゴルァ!!
安物はこれかだから!と思っていたんですが。
デバイスかああああああ!

Realtek High Definition Audioのマイク入力がクソでskypeが使い物にならない

こちらのエントリーにもありますようにね。
クソなんです。このデバイス。

マイクは買ってしまった。
じゃあ解決するしかない。

ここで色々な解決策を考えました。
1:携帯にマイクを接続して録音する

⇒これができるプラグさえあればとりあえずは録音はできますし、簡単に持ち運べてカラオケでも使いやすい。
しかし・・・。
携帯の平型のプラグにさせるのは、
@方耳のイヤホンとマイクがついたヘッドセット
Aステレオのイヤホン(もしくはステレオイヤホンがさせるような変換コネクタ)
の2つのみ。探したところこれしかなかった。
Aのイヤホン変換コネクタを所持しているのでブッさしてみたけどやはりアウトプットにしか使えないみたいで、もちろんマイクはインプットなのでダメでした。
この案はおそらく不可能。
平型をインプットのステレオマイク入力ジャックに変えるコネクタをどこか開発してくれ。需要ないと思うけど。

2:ICレコーダーを購入して挿して使う

↓のような高性能のICレコーダーを買います。



ただこの商品の場合、かなりマイク自体が高性能らしく、「マイクいらんやん・・・」とオモタ。
それに高いしね・・・価格自体が。

けどもこれがあれば会議にも使えるし。
何かのトラブルで言質を取ることもできるかもしれない。
カラオケで使用したりもできる。
なので一番良い解決策かもしれない。

この商品を地元にみにいったら16800円だった。
価格コムだともっと安いんですよ。
でも僕の大好きなAmazonでは品切れ中。
なので買うタイミングで迷ってます。
今年はもうカラオケ行かないので年明けにでも買えたらいいなーと思いながら。
年末商戦でどこも良い商品は品切れしてますね。

『良』
・使う用途が幅広い、使いまわせる
・PCに音源を転送可能
・元々高性能

『悪』
・価格が高い
・マイクいらなかったかもしれん
・売り切れすぎ

3:内臓もしくはUSBサウンドカードを買う

USBのサウンドボード(サウンドカード)には以下のようなものがあって、これさえ買えば恐らくオーディオデバイスに左右されずに華麗に綺麗に録音できるはずだ。



ただし、僕はこの商品のよさをイマイチしっかりと理解できていない上に、出力しないので色々と宝の持ち腐れ。
ようはオーディオデバイスさえ違うものにして飛ばせればOKなわけで。
そうなると安いサウンドボードで十分であるはず。
数千円で売ってるのでそれでいいのかもしれない。

USBサウンドボード
『良』
・いちいち内部に組み込まなくて良い
・手軽
・メッセの電話機能でも大活躍な予感

『悪』
・PC以外ではあまり使い道なし
・外で使用できない
・若干高い

内臓サウンドボード
『良』
・安い
・パソコン自体が改善される

『悪』
・取り付けがめんどくさい
・他のPCにすら使用できない

というわけですが。
どうしましょうねぇ。
外での録音を重視するならICレコーダー。
部屋内での録音を重視するならUSBサウンドボード。

部屋内で大声は出せませんので実用性で考えるとICレコーダーになりますかね・・・。
けども将来的にはメッセで電話をしたいので。
そう考えるとUSBのも欲しいわけです。
・・・ふたつとも買うと2万5000円くらいです。
そんなお金は無い・・・。

来年にパソコンをもう一台作成するつもりなので。
今のモニター捨てて新しいモニターかって。
その時にでもいいかなあ・・・。
ま、お金が入れば両方買えばいいわけで。
とりあえずはICレコーダーかな。実用性を考えると。
USBは家でしか使えないしね・・・。

続く
posted by hinata_hisa at 18:09 | 京都 ☁ | Comment(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする