スポンサードリンク

2012年12月10日

L,S,D(The Number of The Fucker)-カスタムウォレット

(´・ω・`)本日、L,S,Dイベント「OUTBLAZE-MR.HOLLYWOOD」で勢いで買ってしまった・・・

ネットにThe Numberの財布の中身の写真がないので、
せっかくなので外観含めて中身も紹介です。

LSD_TNOTF_W1.jpg

外観です。
L,S,DのRAIN DOGでもGETでもこの革は取り扱っていないです。
この革はイタリアンオイルレザーで、いつものはUKサドルレザー。

LSD_TNOTF_W2.jpg

裏側です。非常に綺麗な革ですね。
香りも非常に良くて好みです。

LSD_TNOTF_W3.jpg

スタッズです。クロスボーンスカルが2体ついています。
このThe Numberの小憎たらしい顔のスカルが僕は好きなんです。
関係ないですが、The Numberのネックレスも欲しいなあと。

LSD_TNOTF_W4.jpg

ウォレットチェーン連結用のパーツです。
ここもカスタムパーツですね。
この背中の部分の革はUKサドルレザーで二重にしてあって、強度を補強してある感じですね。

LSD_TNOTF_W5.jpg

中も渋い感じです。良い雰囲気。
イタリアンオイルレザー満喫できます。
スナップボタンで止まります。

スナップボタンって、数年でぶっ壊れるので
あまり好きじゃないですが、そのときはなんとか直してもらおう・・・。
このロゴの部分はカード入れ(1枚)になっています。

LSD_TNOTF_W6.jpg

中身は、手前から
小銭入れ⇒カード入れ(1枚)⇒札入れ⇒カード入れ(わかりにくいですが間に1枚入ります)⇒端に札入れです。

小銭入れは普通。奥まで行くと取り出しにくいのは仕方がない。
カード入れは入れやすいです。2か所とも。ただ、小銭入れ側のカード入れにカードを入れると、
小銭入れが少し開けにくくなります。せっかくやわらかい革なのに、カードが固くて邪魔する。

奥の札入れは手前の札入れよりも深いです。
奥の札入れは、革がカバーのようになっていて、カバーで札を隠すことができます。
「だからなんだ!?」
なんですけど、まあこういうのも良いですね。個人的には気に入っています。

手前の札入れは札を入れるとちょっとはみ出します。
ということでここは札を入れないで、領収書を入れましょう。

そう、これで収納は全部です・・・す、少ねぇ!
カードなんて3枚しか入れるところがないんだぜ?

この財布は、スタッズがついている表の部分が一枚革でできており、裏の部分に一切収納がありません。
収納は限りなく少ないので、財布が薄くてかっこえーのです。

※一枚革だと、縫うと縫い目が表に出てきてしまいます。
 しかし2枚にすると一気に厚みが出るので、タイトさが損なわれるのです。

カードは領収書入れに数枚突っ込むことはできますが、
タイトに作られているので、いっぱい入れるとスナップボタンがしまりません!
なんて奴(財布)だ・・・。

しかし、この薄さが良いです。
カードなんて何枚も持ち歩いてんじゃねーよ!ボケが!
と言わんばかり。
八ッ!そういたします・・・。

(´・ω・`)まあでも、しょぼーんなんです。

なんでって?

(´・ω・`)うーん、ハリウッドでじゃんけん負けたから・・・

でもなくて。

(´・ω・`)お金使わないって決めて行ったのに買ってる自分に萎えた。

だけなんです。
アイテムには凄く満足しているのですが、財布の紐がゆるすぎるだろ・・・。

なお、このアイテムはネットでも正規のアイテムが買えます。
正規価格は75,000円+税です。
そこからこのアイテムの値段は想像してみてください。
意外に・・・意外に値段が・・・(´・ω・`)

ビンタはダーさんに代わりに食らってもらいました。
すみません社長。か弱いんで、俺。

REFUSE:http://www.refuse.co.jp/

「L,S,D(The Number of The Fucker)-カスタムウォレット」の続きを読む
posted by hinata_hisa at 00:04 | 東京 ☀ | Comment(0) | シルバーアクセ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする