スポンサードリンク

2013年12月02日

AWS:AmazonEC2を使ったソフトウェアテスト手法(検証方法)について

私がAWSのAmazon EC2を使う立場にあって、最も画期的な使い方だと思う方法を記載します。
これは、一応社長に対しても発表した内容ですので、有効性は高いと思います。
この方法は、2011年の1年間で実際にERPパッケージの開発・テスト手法の中で取り入れられ
今も運用されているものです。

■サーバはテストと開発におけるボトルネック
「テストをしたくてもテスト環境がない」というのはよく聞かれる話だと思う。
特に根本部分のテストとなると、なおさらそうであろう。
根本の設定を変更すると、その上に乗っている全ユーザ、全部署設定が影響を受ける。

例えば、ログイン画面の修正を行った場合、
それを50人くらいのテスターがテストしている環境に適用して
もしバグが出てログインできなくなったら、50人の工数がパーになるのだ。
(出社してすぐに、アウトソーシング先から大量にログインできませんという
 問い合わせが殺到している光景を思い浮かべて欲しい)

そうこうしていると、ログイン画面の修正はどこでテストすればいいんだ?
となり、結果的にこの修正は出荷されない。

■テスト環境を、個別に最速で用意できればいい
以下が、私が考えた上の問題に対する解決策となる。

「AWS:AmazonEC2を使ったソフトウェアテスト手法(検証方法)について」の続きを読む
posted by hinata_hisa at 13:33 | 東京 ☀ | Comment(0) | 仕事の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする