スポンサードリンク

2014年03月19日

【俗にいう退職エントリー】この春に退職しました【+職探し】

誰かのためというか、この時の心境をメモしておこうと思い記載します。
他の方の参考になるかどうかは、わかりません。

■いつ退職したか
2014年2月の中旬が最終出社で、2014年3月31日付で退職となります。
有給休暇が30日以上あったため、40連休以上になりました。いまだに有給を消化しています。

■いつ退職すると決めたのか
日記を見る限り、2013年10月10日に決断しています。
11月くらいから、実際の退職までの流れを相談し、12月初旬にはチームに共有がありました。
ただ、2013年の春には2013年末で退職予定であることを上司に報告してありました。
ですので、予定より少し遅れはしましたが、ほぼ予定通りです。

■年末で退職しようと思っていた理由
単純に、10月に有給が付与されることと、年末の賞与目当てです。
ですので、お金の都合上、年末退職がベストだったんです。
なのですが、メイン担当のプロジェクトの稼働日が年末であったため、それが落ち着くまで保守して引き継いでから退職したので3月末になりました。

■就職してから退職までの期間について
2008年の4月1日に新卒入社して2014年の3月31日退職ですので、丸6年間働いたことになります。

■退職に関連して元から考えていたこと
これは「何故、今の会社を選んだか?」にさかのぼります。
私は浪人1年と大学院修士卒ということから、ストレート組とは3年もの差がありました。
その3年の差を埋めるにはどうすればいいのか?と考えた結果、
「スタートダッシュできる会社に就職して3年の差を埋める」
のがいいのでは、と考えたのです。

そのため「スタートダッシュができる会社に就職する」ということを決めました。
よって、「スタートダッシュが終わったら転職する」ことも同時に決まっていました。

2008年の就職時から、先輩に「3年か5年で辞めます」と言っていたので、それは本当です。
結果的に5年が6年になってしましましたが、このタイミングで辞めれたことは満足です。

また、「区切り」は本当に大事です。
区切りが無いと、ダレけることが多いでしょう。
期限を決めて、それまでにどこまでやれるか?を常に意識していないと、人間はすぐにダラけてしまいます。
そのため、入社時に自分に期限を設けたということもあります。

■どのような会社で働いていたのか
「【俗にいう退職エントリー】この春に退職しました【+職探し】」の続きを読む
posted by hinata_hisa at 17:26 | 東京 ☁ | Comment(2) | 仕事の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする