2015年01月31日

難消化性デキストリンを買った

FullSizeRender.jpg
ついに我が家に難消化性デキストリンが。

難消化性デキストリンは、水溶性の繊維質で、栄養の吸収を妨げる動きをします。
ご飯と一緒に飲むと、ダイエットに効果的です。
1日10gとのことですが、アメリカだと基準値はありません。

とりあえず、これが無くなるまで続けたいと思います。



↑これをAmazonから買いました。安い。
posted by hinata_hisa at 09:06 | 東京 ☀ | Comment(0) | iPhoneからの投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月24日

久しぶりにテキーラを買い込んだ

久しぶりにテキーラを5本ほど買ってきたのでお披露目してみます。
ボトルで購入したのは、オーストラリアで1本買ったのと、
入社直後にクエルボエスペシャルを買った以外は1年以上ぶりです。

DSC01119.JPG

まずはサウザブルーから。

これは日本未入荷のテキーラでしたが、去年くらいから日本でも見かけるようになりました。
これは1000mlボトルです。

本国のテキーラをそのまま輸入すると、38度になっていることが多いのですが、
これは40度のものです。輸出向けの品なのか、メキシコでも40度のテキーラを飲むようになったのか
は、わかりませんが・・・。

DSC01120.JPG

今回は、飲み比べのためにシルバーとレポサドとを買いました。
未だ国内では結構レア酒かもしれませんので、見つけたら是非。
そこまで高くないです、1本3,000円しないと思います。

テキーラマエストロの資格を取るときに試飲させてもらい、
それ以来、探しつついつか買おうと思っていたのですが、やっと買えました。

「久しぶりにテキーラを買い込んだ」の続きを読む
タグ:テキーラ
posted by hinata_hisa at 13:09 | 東京 ☀ | Comment(0) | お酒の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月14日

2015年1月11日 山梨県 ほったらかし温泉 日帰り

ほったらかし温泉にまた行きたい。

そんな気持ちから、2度目のほったらかし温泉です。
1回目(2011年8月28日)の記事は面倒でアップしてないみたいですね(;´Д`)

DSC00955.JPG

行ってみましょう!

まずは山梨市駅まで行きます。

DSC00956.JPG

久しぶりだな、山梨市駅。

「2015年1月11日 山梨県 ほったらかし温泉 日帰り」の続きを読む
posted by hinata_hisa at 22:37 | 東京 ☀ | Comment(0) | 旅行の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月08日

スピングルムーヴ(SPINGLE MOVE)のスニーカー(黄色/SPM-101)を買った

メイドインジャパン!なSPINGLE MOVEです。多分ですが型番は「SPM-101」です。
大阪の阪急メンズ館で買いました。
2014年末にスピングルムーブフェアをやってたので在庫が大量にあって選び放題でした。

ブランドはこちらです。
http://spingle.jp/spingle_move/

SPINGLE1.jpg

SPM-101は色々な色のコンビネーションがあります。
本当に色々あって、全てWebにアップされていません。

私のは黄色と黒のコンビでした。
ソールが白なのは嫌だったのですが、黄色は白しかなかったっぽいので、これに決めました。
紐まで白なのは軽くなりすぎるので、150cmの紐を購入して、入れ替えました。
でまあ、150cmの靴紐ってめっちゃ長いんですね・・・
120cmだと、多分ギリギリ足りないくらいになってしまうので・・・うーむ。

SPINGLE2.jpg

履き心地は非常に良いです。足がつつまれる感じです。
中敷きもデフォルトで最高です。ただ、中敷きは取れません。
取れないので、中敷きをさらにはさんで二重にしました。
中敷きは取りたい人なんです。

でも普通の人はそこまでする必要は全くありません。
正直二重にすると、はいててもギュウギュウで辛い。
なお、サイズはMです。

中敷き取ろうかなあ・・・悩んでます。

なお、ソールが白っていうのが嫌なのは、汚れが目立つからです。

 

かなり気に入ったので、3足くらい色違いで揃えようかと思っています。
posted by hinata_hisa at 14:30 | 東京 ☀ | Comment(0) | ファッション関係の買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月07日

2015年1月3日 京都府(天下一品総本店⇒鞍馬寺⇒貴船温泉⇒清水家 錦)

毎年、ラーメンは天下一品本店ではじめる。
そんな取り決め?が出来て3年目、2013年、2014年と続き、2015年も1月3日に天下一品本店に行ってきました。

DSC00786.JPG

前回は出町柳駅からの歩きで、
今回は、松ヶ崎駅から歩きで向かうわけですが・・・

DSC00791.JPG

雪が凄いわけです。

DSC00793.JPG

「2015年1月3日 京都府(天下一品総本店⇒鞍馬寺⇒貴船温泉⇒清水家 錦)」の続きを読む
posted by hinata_hisa at 11:28 | 東京 ☀ | Comment(0) | 旅行の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月06日

2015年の目標を考えてみる

毎年、「今年の目標」というありきたりなことをやるのですが。
2015年は、何かなかなかEvernoteに目標を書こうという気にならず、blogに突然記載してみることにしました。

B6bUa01CYAAfvNU.jpg
※実家の猫(アキ♂)

■2015年の目標抜粋
・ダイエットをする
・inputを増やす
・資格を取る
・英語を勉強する
・収入を増やし支出を減らす

以下各項目の詳細です。

「2015年の目標を考えてみる」の続きを読む
posted by hinata_hisa at 18:20 | 東京 ☁ | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月01日

AWS VPC Peering Overview、VPCペアリング(ピア接続)の制限ってなんぞ?

あけましておめでとうございます。
2014年末に実はAWS 認定システムオペレーション(SysOps)アドミニストレーターに合格していました。
SAとSysOpsでとりあえず二冠しましたが、Devは取らないと思うので次はSAプロかなあ・・・。

そんなわけで、年明け一発目の個人ブログはAWS関連です。
VPC peeringの制約事項ってどのあたりに記載があるのかなあって追ってみました。

■最新公式ドキュメント
最新のAPIでのドキュメントは以下のURLで英語のみ存在します
http://docs.aws.amazon.com/AmazonVPC/latest/PeeringGuide/Welcome.html

■日本語公式ドキュメント
少しAPIのバージョンが古いのですが、日本語版も存在しまして。
http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonVPC/latest/UserGuide/VPC_Introduction.html
がTOPページです。

さて、ここから肝心の制約事項に関連するページを探します。
まずは
http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonVPC/latest/UserGuide/vpc-peering.html#vpc-peering-limitations
ここ。日本語です。

「VPC ピア機能の制限事項
 別の VPC との VPC 接続を作成するには、次の制限事項と規則を認識しておく必要があります。」


とあります。
でまあ、ここの日本語訳が英語版の最新と一部差異がありまして、
英語版だと「Invalid VPC Peering Connection Configurations」にリンクがあります。図もある。

トピックスには以下のものが記載されています。
・Overlapping CIDR blocks
 ⇒CIDR重複パターン
・Transitive Peering
 ⇒経由パターン
 ※Transitiveって英和辞書には記載が無かったのですが、Wikipediaには「経由して別に行く」って意味が記載されていました
・Edge to Edge Routing Through a VPN Connection or AWS Direct Connect
 ⇒閉域網からVPCペアリングでエッジからエッジ的に接続するよパターン
・Edge to Edge Routing Through an Internet Gateway
 ⇒上のIGW版

ぶっちゃけ下の3つは全部「経由して次に行くのはできない」って言ってるだけなので、
正直目新しい話ではない(;´∀`)

あと、何を言ってるのか凄くよくわかるし、図も楽しいのがこちら。
http://docs.aws.amazon.com/AmazonVPC/latest/PeeringGuide/peering-configurations-full-access.html
つまりは、CIDRさえかぶってなかったら何でもできそうなんです。

で今回知りたいのは、
http://docs.aws.amazon.com/AmazonVPC/latest/PeeringGuide/peering-configurations-full-access.html
ここに記載のあるパターンに近いんですが・・・
これ↓
VPC peering.jpg
これって、できるのかな?
(図は自分で書きました)

と思って調べてみたら
http://docs.aws.amazon.com/AmazonVPC/latest/PeeringGuide/peering-configurations-partial-access.html
ここにすげえマニアックな感じに記載がある。
っていうかできるやんけ!
One VPC Peered to Specific Subnets in Two VPCs」ってやつです。
絵を描いた時間を返せ(;^ω^)勉強になったんですけどね!

しっかし、このページを最後まで書ききったVPC peeringのドキュメンターは凄いなあ。
これを和訳しろとか言われたらきっついですよ。

なお、数値的な制限は以下のURLに記載がありますね。
http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonVPC/latest/UserGuide/VPC_Appendix_Limits.html
「VPC 当たりのアクティブな VPC ピア接続」の50というところですね。
これは申請で125まで増やせる・・・と。
posted by hinata_hisa at 19:18 | 東京 ☁ | Comment(0) | IT関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする