2017年06月05日

2017年3月26日 九州旅行(中編) 雪の降る九重連山

人は生きたいという気持ちを確認するために、死ぬようなことをしたがる、ようである。
夜と霧の著者、V・E・フランクルも、ロッククライミングをしていた。

DSC02178.JPG

この日、天気予報は雨のち曇り。
雨はそんなに降らず、やむということであった。
能天気に、しっかりと朝ごはんを食べる。

しかし・・・

DSC02179.JPG

なぜか、降るのは雪。

「2017年3月26日 九州旅行(中編) 雪の降る九重連山」の続きを読む
posted by hinata_hisa at 22:28 | 東京 ☀ | Comment(0) | 登山の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする