2013年08月12日

「2013年度-円に対する各通貨の騰落率推移(週足終値) 」を更新しました

twitterにも貼ったんですけど、あれは8月5日の週の終値が出てなかったので、8月8日(木)のデータで作ったものでした。
それがこれ。

20130809-03531.jpg

で、引けて8月9日(金)のデータが出たのでそれで補正しました。
それがこれ。

20130812-00424.jpg

なんと、円高がマシになってます。
8月9日(金)は円安だったんですね。
特にオセアニア通貨が円に対してほとんど下落しないくらいまで戻しました。

ドルが下げてオセアニアがあがる、ときくと、
おバカな私は「ドルキャリートレードでオセアニア通貨が買われたのか」
とか思ったいするんですけど、どうなんですかね。

キャリートレードで重要なのはLIBORじゃないのか?
なんてかんがえてLIBOR見てみたり。

20130812-01531.jpg

( ´_ゝ`)フーン
すんげえドルって金利安いのね。

まあでも、実際にドルキャリーなんて無いって話も考えると。
そう見えてるだけな気がします。

ただ言えるのは。
日本円が最強だったということです。
一気に円高に行くわけではないと思いますが、円高基調になってしまうと、
円高⇒リバの円安⇒円高・・・と繰り返してそのまままた90円前半まで落ちそうな気も。



予想しても仕方ないですし、為替は複雑すぎてまだ追える知識がありません。
しかし現実を正しくデータとして把握しておくことは、やっていて損はないのかと思ってます。
posted by hinata_hisa at 00:23 | 東京 ☀ | Comment(0) | 市況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。