スポンサードリンク

2014年04月07日

今回のオーストラリア留学を英語の勉強にいかすには?

ArtG_L1.jpg

画像はArt Galleryで撮影したものです。

さて、表題通りなのですが、英語の勉強ってものをもっと掘り下げて考えて行きます。
個人的に、ですけどね。

今回、僕がオーストラリアに留学をしたのはいくつか理由があるのですが、列挙すると
・英語嫌いをなおしたい
 ⇒英語ができないコンプレックスをやっつけたい
・(漠然と)海外に何か月か住んでいたら英語ができるようになりそう
・仕事に疲れすぎて、一旦リフレッシュしないと次の仕事が続きそうにないくらいメンタルが酷い状態だった
って感じです。

この中で、ラストのリフレッシュは相当にできています。
日本にいないので、もう何も気になりません。
それでいて、英語ができないため、日々少々緊張して暮らせています。
何かを学ぶって、物凄くリフレッシュになるんですよね。

人間が一番楽なのって、緊張でも弛緩でもなく、一番良い緊張感でいれることなので、
日本の田舎は弛緩しすぎて、仕事場は緊張しすぎでした。

そんなわけで、次もしまたロングバケーションが貰えるなら、日本の学校に通うか、また海外で生活するのが良いのかもと考えています。

さて、問題は英語の方です。
英語は、正直な心の内を打ち明けると
・自分は英語が嫌いだし苦手である
・なんとなくできるようになりたいという漠然とした目的しかない
という状態でした。

何事もそうなんですが、一気に全部をよくする方法なんてあり得ないですし、
問題解決は細分化する(しすぎでもダメ)ことが重要です。
バラして1つずつ解決していければ、いつの間にか問題は完了しているんです。
パズルのピースは1つずつはめていくしかないんですよ。

ってわけで、この100日間を最大限に使うとするとってことを考えた結果。
英語に関しては「基礎固め」に尽きるなあと思いました。
基礎がなってないんです!
なので、

・語彙力
・最低限の代表的な文法だけは理解できること

になります。
正直ここまで英語ができないと、基礎がぐらぐらなんで、その上に家なんて建たないですって。

そういうわけで上に書いた2つを重点的にやります。
このままなんとなく過ごしていたらなんとなく終わって「何のために行ったのかわからなくなる」だろうで、このあたりで再度目的を明確にした次第です。
やっぱり結果は測定したいですからね・・・。

で、まとまった時間がある今この時間をいかしたいですねえ。
そんなわけで重点的にやるのは英単語で決定!!

なお、日々の暮らしは「絶対に日々をルーチン化させない」と決めたので、毎日帰るルートを変えてみたり、ランチを違う店で食べたり、おかしを買ったり本を買ったりして毎日チャレンジしています。
今日は初めて本屋で本を買いましたし、ね。

毎日少しチャレンジして飽きないようにしつつ、英単語をコツコツ。
地味ですが、やるときめたら、やりませう(´・ω・`)
posted by hinata_hisa at 21:40 | 東京 ☀ | Comment(0) | 留学関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。