スポンサードリンク

2014年04月16日

【Sydney語学留学】英語の授業ってこんな感じです

DSC06124.jpg

画像は一番好きな施設State Library。

まー別にこの記事を書かなくても多くの人が多分ブログ記事にしているしいまさらなんですが。
ふと思ったのは、学校のHPは学校側の言いたいことで濾過されているし、エージェントは基本的に良い事しか言わないのよね。
なので、ここで赤裸々に書いてあげましょう、ということです。

というわけで、2週間半が経過した現在の感想です。
なお、私の生活リズムは前の記事「Sydneyでどんな生活をしているのか」をご覧ください。

さて、ぶっちゃけると私の通っているcollegeはここです。

Greenwich English College
http://www.greenwichcollege.com.au/

まずはコースなのですが
http://www.greenwichcollege.com.au/course-category/english-language/

こんな風になってますね。はい。
ここのGeneral Englishに通っています。
ここの学校に決めた理由ですが、
・できるだけ日本人がいないというか、日本人と話す機会を減らしたい
・ちゃんとお金を払っていいからしっかり見てくれるところ
・Business Englishがならえるところ
という視点からです。

ここの満足度はおいおい書きます。

まずは週単位の流れです。
基本は一日4コマです。1コマ80 or 70分です。その後10分休憩があります。
http://www.greenwichcollege.com.au/courses/general-english/
なので、午前のクラスは

・09:00-10:20
・10:30-11:50
・昼休み
・12:30-13:40
・13:50-15:00

になってます。午後は10分短いですね。

Speaking Club 15:00 - 16:00

ってのは15:15くらいから実際ははじまるんですが、これが月から水まで3日間あります。
ここはまあ、誰でもこれるんですけど、ここに来る人はこのcollegeの場合2パターンです。

・とりあえず試しに来てみてる人
・友達との待ち合わせ場所にしてる人

なお、バイトしてるレベルの英会話能力がある海外勢は基本的にここにきません。
で、この後者が何かっていうと、日本人と韓国人なんです。
なので、このclubは日本人と韓国人が多数を占めます。
ってわけでなんだかな?って気もする場所ではあります。
僕は3日間だけ行きましたが、今週は行きませんでした。

この4コマ制ですが、曜日によって少し変わります。

月曜日と火曜日と木曜日は上に書いた通りですが、
水曜日だけ発音だけするクラスが用意されていて、それが昼休み直後にあります。
sとthの発音の違いをやる、とかそういうのです。これがまあ全然わからんのだ。

で、木曜日はテストがあります。
このテストを毎回なんなくこなせていたら、上のクラスにあがれるらしいです。

金曜日は「選択科目:Elective」ってなってるんですが、この日は授業がありません。
その代りに、
・excursion(遠足系)
・fluency(speaking)
・movie
・grammar
を選んで1日を過ごします。
まあ、こなくても良い日でもあります。

僕は1回目はfluencyにして2回目はexcursionにしました。
fluencyはレベル低い人が来たら絶対無理、と言われていましたがまあなんとかなりましたので中級レベルではあるのかな。

さて、ここで各1コマずつの授業の内容ですが。
やってることは「高校レベルの英語の授業を」「英語で学ぶ」です。

が!
要注意なのはその速度です。
結構な速度で進みます。

というのも。
基本的にこの一般英語クラスというのは、「ある程度英語話せるけど文法カオス」
という人が多いのです。
ですので、「理解の整理」「もっとしっかりとした英語にしたい」という人が多いんですね。
なので、「ある程度すでに使っている言葉の精度をあげる」という目的のクラスなので・・・
日本人は文法を文法としてのみ学んできたわけで、つまりいうと
英文なんてわかってなくてもルールだけで回答がわかるんですよね。

でも他の人は違う。意味がある程度わかってからの文法規則。
ここは結構、他とGAPがあります。
つらいところですw

さて、クラスのメンバーの話にうつります。
大体、1クラス15人くらいです。
で、授業は日本と全然違うんですよね。とにかく参加型。
基本的にあてられるし、発言を依頼されるし、「教えあえ」が基本。
ひとりでもくもくと問題を解いてると「参加しろ」って言われるのが海外流です。

15人のうち、国籍はどうか?なんですが。
これはちょっとまあ色々事情があってマチマチです。

事情というのは
1:クラス分けがあるので、レベルがあがった人は抜けるし下からあがってくる人もいる
2:バイトで休みの人も結構いるので比率が日によって結構違う
です。

ですので、例えば今日は日本人は私1人で、他14人は全員異国人でした。
多分、イタリアンが最大派閥ですね。ハンガリアン、スパニッシュ、コリアン、タイ、ベトナム・・・
イタリア人が意外にも多いのは、イタリアが結構厳しい財政だからっぽいです。
イタリア人からききました。

そんなわけで、上に書いたものを振り返ると
・できるだけ日本人がいないというか、日本人と話す機会を減らしたい
 ⇒多くの場合日本人は数人しかいないしOK!その上、僕は他の日本人と誰とも話す気が無いのでww
・ちゃんとお金を払っていいからしっかり見てくれるところ
 ⇒これは間違いない。辞書使用禁止、母国語で話すとペナルティとかあります
・Business Englishがならえるところ
 ⇒最高レベルでないと行けないので、多分今回は無理でしょうけど、ちゃんとあります。ただしコース変更にはお金が取られます(多分教材代)

となりました。
おおむね満足です!

あんまりしゃべれない僕はたまに「おいおい」と思われることがありますが、皆数日たつと結構水に流してくれていて、後々またちゃんと話してくれますw
正直助かっています。

ガンバって追いついていくしかないですね!
posted by hinata_hisa at 20:38 | 東京 ☀ | Comment(0) | 留学関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。