スポンサードリンク

2014年10月26日

2014/10/25 (土):the god and death stars ONEMAN TOUR 2014「賑やかな食卓」東京/CHELSEA HOTEL

写真.JPG

行ってきました。
画像は、今回のアルバムのサイン入りポスターです。
CHELSEA HOTELでのゴッデスさんのライブは2回目です。

今回はアルバムひっさげてのツアーっていうことでセットリストのうち6曲は新曲でした。
ライブー開始から新曲でスタートしたのでまさしくそれって感じのツアーでしたね。

場所は下手も下手、kazuさんの目の前。
で、左耳がベースの爆音でキーンって今なってます。

感想としては、本当完成度が高いカッコイィライブでした。
新曲はどれもこれも初めて聞くのに1聴して引き込まれる曲ばかりで、
aieの独特な歌詞センスにも脱帽でした。

特に、風邪のライオンと隣人林の完成度が高く、
はじめて聞く曲なのにライブ中に泣きそうになりました。

ドラム、ベース、ギター全部が安定していて、
生のロックを音をバシバシ叩きつけてくるライブでした。

特に新曲はそこまでガリガリ楽器隊が音を鳴らさない曲がいくつかあったので、
そういう静かめの曲が好きな僕は楽しむことができました。
最近の曲はちょっとうるさすぎましたからね。

たまにはドストレートなロックバラードなんか書いてくれないかな?
って思っています。是非。

会場で「賑やかな食卓」を買ってきました。
2枚買って1枚は友人へプレゼント。

歌詞カードを見て、感想と気に入ったフレーズを少しだけ書いて終わりにします。

1.賑やかな食卓

何が賑やかな食卓なのかわからない。暗い。全然暗いよ。

目を塞いで でも忘れないで
部屋に並ぶ思い出は優しく嗤う
目を開いて まだ私を見て
あなたが今話す影は私の骨よ
アーメン


嫁さんが死んだ歌みたい。
めっちゃ暗い(´;ω;`)

ちなみに吐息あり。

2.出来事と偶然の為の媒体



耳コピが90%くらいあってた気がする。
名曲。

何かを見上げるのは 穴の空いたような目で

3.エドワード・スミス

私は泥船 二十歳のお祝いを添えて
迎えに来たのさ あなたの方舟
だから殺すね 仕方が無いでしょ認めて
連れて行けるのは子猫と死体まで


最初に聞いたとき「なんて歌詞だよ」って驚きました。
deadmanっぽい?かな。なんか聞いたことがあるようなフレーズで。
なつかしいような、そんな雰囲気です。

ちなみに吐息あり。これも。

4.風邪のライオン

ブレイクが心地よい曲。
題名が風邪のライオンなのに、歌詞の中では風のライオンになっている。
誤植?わざとかな。

ボーカルよりもフレーズを楽しむ曲だと思ってる。
それだけで楽しい。ギターも気持ちいい。

5.隣人林

この曲は・・・無差別強盗殺人を題材にしている曲みたいで・・・怖い。
歌詞の「動かぬ絵」って犯行現場の死体の写真だと思う。

割れる窓に映る顔は 鼻歌を歌う興味不明
私、獲物 その理由は最後まで分からない運命

然れど疲れた 兄と別れた
姉と繋がる手 動かぬ絵


the god and death starsの中で過去最高にブラックで暗い曲。
こういう曲を聴きたくて・・・待ってました(´;ω;`)

6.告発

この曲はちょっと歌詞が難しい。
夢の話、みたい。

aieの中には強烈なイメージ像みたいなのがあるのかも。
檻とか、悪夢とか、そういうのの。
そうじゃないとここまで力強く叫べないと思う。

頭を殴らないで 明日がまた目を見た振りをする
もう爪を剥がさないで 悪魔の手は首を絞めて笑う


posted by hinata_hisa at 01:35 | 東京 ☁ | Comment(0) | 音楽・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。