2015年01月24日

久しぶりにテキーラを買い込んだ

久しぶりにテキーラを5本ほど買ってきたのでお披露目してみます。
ボトルで購入したのは、オーストラリアで1本買ったのと、
入社直後にクエルボエスペシャルを買った以外は1年以上ぶりです。

DSC01119.JPG

まずはサウザブルーから。

これは日本未入荷のテキーラでしたが、去年くらいから日本でも見かけるようになりました。
これは1000mlボトルです。

本国のテキーラをそのまま輸入すると、38度になっていることが多いのですが、
これは40度のものです。輸出向けの品なのか、メキシコでも40度のテキーラを飲むようになったのか
は、わかりませんが・・・。

DSC01120.JPG

今回は、飲み比べのためにシルバーとレポサドとを買いました。
未だ国内では結構レア酒かもしれませんので、見つけたら是非。
そこまで高くないです、1本3,000円しないと思います。

テキーラマエストロの資格を取るときに試飲させてもらい、
それ以来、探しつついつか買おうと思っていたのですが、やっと買えました。

DSC01121.JPG

続きましては、左がクエルボのトラディショナル、それもシルバー1000mlボトルです。
トラディショナルといえば、国内では扱いが無くて、
メキシコから輸入した38度の、しかもレポサドを飲むのが普通だった気がしています。

が、今回1000mlでシルバー、しかも40度と・・・
続々とブランドラインをそれぞれ海外に解き放っている感じがしますね。
それだけ、海外でも需要が増えているのでしょう。

DSC01123.JPG

右隣はDOBELテキーラ。
http://www.maestrodobel.com/

こちらのテキーラは、熟成させたレポサド、アネホ、エクストラアネホをブレンドし、
特殊なフィルターでろ過してクリアにしたテキーラです。
複数の年数のテキーラをブレンドして作ったテキーラはこれが最初とのこと。
比較的高額で、4,000円以上はします。

プレミアムテキーラとしても比較的知名度が高いみたいで、
また国内への入荷本数もそれほど多くなく、味が非常に楽しみな1本です。

DSC01122.JPG

DOBELにはこんなのもついてます。

DSC01124.JPG

瓶詰めの日付も記載されていますが、これはちょっと古い2013年の5月。
・・・全部印刷っていうのも、結構新鮮ですね。
大体手書きが多いんですけどw

DSC01125.JPG

5本目は、AVIONテキーラ。

>2011年、2012年と2年連続で「サンフランシスコワールドスピリッツコンペティション」にて金賞を受賞。

という、つまりこれもプレミアムテキーラです。
日本にはシルバーしか入ってきていないみたいですね。
でも、レポサドもアネホもラインナップとしてはあるみたいです。
参考:http://www.pecopecony.com/topics/101223.html

DSC01126.JPG

キャップのデザインも良いですね。

価格は上のDOBELと同じくらいですが、こっちの方がボトルが好きですね。
なお、カーサミーゴスと同じ蒸留所ですが、それよりかは少し安いです。

正直、これはボトル買いしました。
こちらも味が楽しみな1本です。
ロスアルトス地方ということで、非常にスムースだろうと勝手に思っています。

DSC01128.JPG

一部手書きのサイン。

DSC01127.JPG

サイドには文字が彫ってあります。
これはキャップにもあった
「SALIDA ELEVADO LLEGADA」
のうちのLLEGADAです。
逆サイドにはSALIDA。真ん中のELEVADOはどこに・・・。

っ気になったので意味を調べてみたら
http://trademarks.justia.com/850/16/salida-elevado-llegada-85016631.html
"LEAVE RISE ARRIVE"
って意味らしいですね。

そんなわけで、「ただ買っただけ」報告でした。
味の方はまた今度かな。
タグ:テキーラ
posted by hinata_hisa at 13:09 | 東京 ☀ | Comment(0) | お酒の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。