スポンサードリンク

2015年04月19日

急性胃腸炎から併発した過敏性腸症候群(IBS/ガス型)が糖質制限で治った話

2014年1月、私は急性胃腸炎になりました。
⇒過去記事:http://drawing-hisa.seesaa.net/article/385696768.html

その後、1月中はずっとお腹を下し、オナラが止まらず・・・
そして、2月以降は何を食べても強烈に臭いガスが出る体質になってしまいました。

何を食べても、ダメ。死ぬほど臭いオナラが出るという状態。
※過敏性腸症候群のガス型です

そして、たまにお腹を下す。
便自体も凄まじい柔便で、トイレ掃除も大変でした。
※これを私は勝手に「軟泥」とか言ってました

さて、これをどうにかして治したい。
対策として、私がやったことは以下のことです。

1:ストレスを無くす
2:肉を食べずにいたらマシになるか?
3:1日断食したらマシになるか?
4:甘いものを控えたらマシになるか?
5:酢を飲んでみる
6:医者の薬

まず、1:ストレスですね。
これは、当たり前なのですが・・・どうも急性胃腸炎は、ストレスが原因だったようで。
ですので、そこから併発した過敏性腸症候群でも、
ストレスの元(この場合は仕事だったようです)をなんとかする必要があります。
私は、2月に会社を辞めたので、ストレスの元はなくなりました。

ただ、それでも治らなかったのです。
2014年の4月から6月は3か月間オーストラリアに住んでいましたが、それでも治りませんでした。
もちろん、オーストラリアの生活が逆にストレスになっていたかもしれませんが、
日本に戻ってきても、全然治らなかったので、きっとストレスは減らした方が良いものの、
根本治療には至らなかったわけです。

そこで、私はネットを検索しまくり、過敏性腸症候群の原因は何かと調べました。
すると、結論としては「腸内環境の悪化」ということです。
よく書かれていたのは「悪玉菌が増加している」ということでした。

そして、それを減らすためのものとして、以下の2〜5が書かれていました。

2:肉を食べずにいたらマシになるか?
3:1日断食したらマシになるか?
4:甘いものを控えたらマシになるか?
5:酢を飲んでみる

結果的にですが、マシにはなるのですが、根本解決にはなりませんでした。

2:肉を食べずにいたらマシになるか?
これは、悪玉菌が肉が好きということで肉をやめる手法ですが、無理でした。
むしろ、キャベツや玉葱など、ガスが多い野菜を食べた方が酷いオナラが出ました。

3:1日断食したらマシになるか?
こんなもんで治ったら儲けもんですね。
腸内環境は、1日くらいでは治りません・・・。

4:甘いものを控えたらマシになるか?
よくチョコレートを食べていたので、それを2週間くらいやめましたがダメでした。

5:酢を飲んでみる
これは、少しマシになったという記憶があります。
飲んでいたのは、リンゴ酢です。
リンゴ酢をコーラゼロで割って飲んでいました。美味しいんです。



でも、根本的に治りませんでした。
ということで、もう完全に諦めていたのです。

過敏性腸症候群は辛い病気です。
オナラが酷過ぎて、寝れなくなることもあります。
それによって、余計にストレスが溜まります。

トイレに行った後の匂いも、自分で辟易するレベルですし、
拭いにくいので紙の利用量も増えますし、汚れも落ちにくい。
諦めつつもどうにかならないかと。

で、6:医者の薬に到達したわけです。
どうしようもなく、近くの内科に行って、見てもらいました。
じゃあまあ、やっぱりストレスとかが原因なんで、根本治療は無理だと。

ガスコンとかで、ガスの量を減らしたり、
軟便を固くする薬くらいしか、出せない・・・
ということで、医者もダメでした。

そんなわけで、私は行き詰っていたのです。
2015年、3月。
過敏性腸症候群、全然・・・治らない・・・。

発症して、1年以上が立ちました。
治る気配、無し!

しかし!!
3月は、私の誕生月なのですが・・・

弟からこんなメールが届きました。



マンガで分かる糖質制限ダイエット
http://yubt.net/man/151.html

弟「これ面白いよ」

ゆうメンタルクリニックの漫画が凄く面白いのは知っていましたが、
糖質制限ダイエットの話があるのは微妙にしか知りませんでした。

というわけで、かるーく読んでみたのですが・・・

「なるほど、昔自分がダイエットに成功したのもこのためか」
「最近太ってきたからやってみようかな」

と思い、3月の下旬から突然私は、糖質制限ダイエットを行うことにしました。

やることは漫画に描いてある通りで、
炊いたごはんやら、パンやら、炭水化物、そして甘いものを基本取らない!というものです。

ただ、昼は抜き難いので、抜いてません。

最初の一週間は結構頑張っていて、昼ごはんもご飯を全部食べずに残す!
みたいな暴挙に出て頑張りました。
今、初めて1ヵ月くらいですね。

下の本も読んだのですが、結構興味深い内容でしたね。
糖質が人を殺す、なんていうのもあながち間違いではないかもしれません。



んで、結果ですが。
糖質制限ダイエットをして、痩せはしませんでしたが(笑)
過敏性腸症候群が治ったんです!

そう、糖質制限を行うことで、腸内環境が改善されたのです。
腸内の悪玉菌?は、どうやら糖分を栄養にしていたようで、
糖質をあまり取らない生活を1ヵ月続けているうちに、
腸内環境が改善されて全くおならが出なくなりました!

いやあ、糖質制限凄い!
Google等で調べてみると、糖質制限で過敏性腸症候群が治った人は他にもいるみたいです。

ですので、もし同じような症状で困っている人がいたら、
是非!糖質制限をお勧めします!!!!

ただし、1ヵ月くらい続けないと治りません(個人差はもちろんあるでしょうが)。
崩れた腸内環境を戻すのには、結構な時間はかかります。
せめて1ヵ月は頑張ってください。

なお、糖質制限は、(私は痩せませんでしたが)ダイエットもできて一石二鳥!です。
※私はBMIが21の標準体型なので痩せなかっただけかと思います

是非とも、過敏性腸症候群の方は試してみてください。

なお、急で過度な糖質制限をするとストレスになって良くないと思いますので、
自分の性格とうまく付き合いつつ、やってみてください!

いやあ、ほんっと治ってよかった。

   
posted by hinata_hisa at 12:53 | 東京 ☁ | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
突然のコメント失礼します、
はじめまして。

IBSで高校生の時から悩んできた者です。半ば諦めながら社会人をしていますが、たまたま「糖質制限がよかった」とのこちらのブログに引っ掛かり読ませていただきました!

ちょうど私も、少しダイエットしたくて糖質制限の話を知人からきいていまして。まだ徐々にしか実践していませんが……ちなみに、mec食を実践しようとしています。肉、卵、チーズを主食に、というやつです。(もちろん野菜もビタミンの確保にとりますが)

貴方のブログを読んで、やる気がでてきました!結婚を来年にも控えているため、真剣に取り組んでいきたいです。

有り難うございました!
Posted by 舞  (24) at 2015年08月20日 07:36
舞さん

こんにちは。
コメントありがとうございます。

IBSは本当に辛いですよね。
特に一緒にいる人に迷惑をかけないかと気を使って辛くなるときもあります。
しかし、糖質制限でマシになるのは我が身で体験したので是非、1か月は続けてみてください。
最初の1週間は、気合入れて体を慣れさせた方が結果的に良いと思います。

私は2か月程度続けたところ
・喉が乾きすぎる
・とにかく頭が働かない
・筋トレができない(力が入らない)
・何か眠い
という状態が慢性化したので、一旦やめました。
ですが、今でもIBSは相当というかほぼ治ったんじゃないかくらいマシになりましたので、
まずは1か月!苦しいですが頑張ってください。
Posted by hinata_hisa at 2015年08月20日 14:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。