スポンサードリンク

2015年09月27日

【フィリピン英語短気留学まとめ】これから行きたい人に告ぐ

2015年9月13日(日)から9月26日(土)の2週間、フィリピンのセブ島で英語留学を経験してきました。
それのまとめ記事を記載致します。
超絶個人的な主観で記載しますのでよしなに。

■通っていた学校について
CIJアカデミー スパルタ:
https://schoolwith.me/schools/137
http://www.ausbiznet.com/philippine/ph_school/area_cebu/cebu_cij-sparta.html

■何故ここにしたのか
・2週間という短期留学でも比較的まともに勉強がしたかったから
・朝から晩まで英語の勉強に取り組みたかったから
・そういうことを強制的にさせてくれる場所が良かったから
・マンツーマンじゃないと意味がないと思っているから

2週間は思ってる以上に短いです。平日だけ勉強するとしてら10日間しかありません。
10日間、毎日10時間勉強しても100時間です。

CIJスパルタの何と言っても最高なところは
マンツーマンが一日6コマ(50分×6コマ)まで取れるところです。
このコースがスパルタ6です。

■スパルタ6はどうたったのか
朝6時半から夜の8時半まで休憩時間以外は授業と自習とテストが入っているマジスパルタです。
はじめて海外に来て英語と言う人には頭がパンクする可能性があります。
ので、それに耐えれそうにない人はこれを選ぶべきではないです。

マンツーマンが多いのは私にとって非常に嬉しいものでした。
マンツーマンは会話をせざるを得ない!のです。
ずっとグループレッスンを受けていたオーストラリアで一番の不満は話す時間が短いことでした。

で、一日6コマ、自分がやりたいことを指定して話をできるわけです。
これは非常に良かったです。こんなに話そうと思ったらSkype英会話の50分を毎日6コマ受けないといけないわけで、予約するシーンを想像しただけでアホ臭くなります。

私がSLWR (Speaking, Listening, Writing, Reading)の中で一番重要視したのは、
今回はSpeakingです。他は最悪家でも出来る!自習できる!ですが、Speakingは1人じゃかなり厳しいです。
そんなわけで、授業後半はとにかく俺がひたすらしゃべるというだけの会もありました。
話がしたい人にはこの授業カリキュラムは最高です。

■施設について
韓国資本が入っているというのを知らずに行っており、ご飯が韓国料理だったのが一番厳しかったです。
食べれるんですが・・・が。

DSC03946.JPG

ご飯があんまり美味しくな・・・い・・・。写真から醸し出されるマズ臭。
まあ食べれないわけじゃないんですが、好きじゃなかったです。

プールがありました。

DSC03950.JPG

ここは結構人気で、時間内だったらいつでも泳げます。
私は風邪をひきそうだと思ったのでやめましたが結局風邪をひきました。
多分ビタミン不足だからだと思ってます。食事の栄養バランスはあまり良くなかったのです。

部屋は1人部屋にしていました。
湯船はなくシャワーのみ。水圧は安定しませんでした。
水質があまりよくなく、日本製のシャンプーやせっけんはあまり泡立ちません・・・。

なお、インターネットは本当にFuck!です。クソでした。
しかもWiFiがある場所が相当に限られています・・・。
通信速度も遅すぎて酷い・・・3Gもないのではないでしょうかね。
ただそのおかげで、授業中に携帯を弄ることもできません!
そして携帯の着信で煩いということもありません。そういう点ではメリットでした。

■気候/服装について
雨季だったので雨が突然降ったり、突然晴れたりという忙しい天気でした。
雨の勢いも夕立くらい酷いものです。
傘はあった方が良いです。
服装は温度的には短パン&Tシャツで余裕ですがたまに肌寒いときがあります。
冷房が効きすぎている場合もあるので上着は必須です。
サンダルもあった方が絶対に良いです。目につく人は全員サンダルでした。

■お金について
超重要です。3万円の日本円は最低でも持って行ってください!

DSC03937.JPG

向こうに言ったらペソに換金することになります。

DSC03938.JPG

現在のレートはこんなものです。私は2.5万円換金しました。
前の日記にも書きましたが、就学にあたり

6,500 ペソ フィリピン政府SSPのお金が必要。
4,000ペソ 学校が寮付きのため、これだけ敷金にとられる。
50 ペソ 証明写真に必要
750 ペソ 空港税。帰りに空港で支払う必要がある
450 ペソ 教科書代。
200 ペソ 水道代がこれくらいらしい
500 ペソ 電気代がこれくらいあればいいかもしれない
800 ペソ バンのため。帰りは土曜日の朝5:55のフライトのため、タクシーが捕まらないし予約しても稀に来ないので、先に空港に行っておくか、バン(レンタカー&レンタルドライバー)を学校で予約するしかないがそれが800から。4人だと全員1,300まで安くなりますが。

上記を全て日本円で払うとすると3万円ほどは必要になります。
私はこれを知らず、現地の日本人に借金することになったのです。

最終日にデポジットの4,000ペソが帰ってきますが、これをそのまま日本円に戻すのもアホらしいので、
なんなら帰国を1日遅らせてでも豪遊すると良いと思います。
空港利用税750とタクシーorバンの額を引けば2,500ペソ遊べます。

■生活
平日外出禁止!
酒類持ち込み禁止!
定められたペナルティ2回で退学!
という厳しいものです。
朝の単語テストも必須でこれをさぼるとペナルティ1です。

■娯楽
外に出ましょう!中は監獄です。

SM City Consolacion
https://www.smsupermalls.com/index
が最寄りのショッピングモールです。皆ここに行きます。
ここに行けば映画も観れます。一回見ました!一回280ペソくらいだった記憶があります。

SMには

DSC03965.JPG

ジプニーで。
7ペソです。20円くらいです。

DSC03969.JPG

慣れればどうってことはない!が!!!
大気汚染が酷いので、マスクしないと悶絶ものです。

DSC03987.JPG

ドでかいので色々売ってます。

DSC03994.JPG

良くあるお土産もあります。

DSC03999.JPG

スーパーもあります。入口にはショットガンを持っている警備員がいるので怖いですが・・・
ここでもそこそこ揃います。

DSC04000.JPG

街並みはマジで田舎?というか発展途上というか。

DSC04001.JPG

DSC04002.JPG

そんな感じです。

DSC04003.JPG

セブで有名なお菓子屋さんが近くにあります。
ここでお菓子を買うのもありです。
残念ながら近くの居酒屋に飲みに出ることはありませんでした。

■まとめ
DSC04010.JPG

・マンツーマンに特化⇒Speakingにもってこい
・反対に言うとそこそこしゃべれないとつまらないと思う
・それでも2週間は短い。最低でも4週間は欲しい
・初めての海外留学先として、いきなり物価の高いオーストラリアやアメリカやヨーロッパに通うよりかは金銭的に良いと思います
・圧倒的に発音の授業が不足している気がします。日本の最大の難関は発音なのでこれをみっちり2週間やるようなコースがあれば最高でしたが
 ※オーストラリアで2週間丸一日中発音をやるコースを受けたのでその大事さがよくわかる
・日本人の友達ができた(オーストラリアではできなかったw)。変わった人がいっぱいいた
・金が無いと不憫。日本人は金持ちだと思われるので余計にw
・ずっと勉強だけしていたのでどこかで息抜きをしないと疲れると思う
・日本の素晴らしさをかみしめることができる

DSC03949.JPG

簡単ですが以上です。
posted by hinata_hisa at 18:17 | 東京 ☁ | Comment(0) | 留学関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。