2016年08月21日

【Kindle Unlimited で読んだ本を紹介】春の呪い+青い花

初めて百合漫画を読んだのは今年2016年!
それまで全くもって圏外としていて読みませんでしたが
「思っていたよりもまじめなんじゃないか」
と思って読み始めたのが・・・

 

「やがて君になる」です。

同性愛の漫画って、「無意味にエロい」みたいなイメージがあったんですよね。
そもそも普通の漫画にエロシーンなんていらないんですよ。
むしろ不快というか。私そういうのむしろ嫌いなんです。

なので毛嫌いしていたのですが・・・この「やがて君になる」が結構自分の中でスマッシュヒットしまして。
「な、何これ普通の恋愛漫画みたいにドキドキ☆するやん!」
と33歳のおっさんが思った次第です。
※すみませんが、現状「やがて君になる」はUnlimitedの対象ではありません!

というわけで、



春の呪い、の紹介です。

この漫画、この後紹介する「青い花」と、先ほど紹介した「やがて君になる」と違って物凄く、暗いですw
そらだって、1話で大好きだった妹が死んでますもんね・・・。

実は私これ・・・同性愛というか、「妹が好きな姉」っていう設定を知らないまま読んでまして
「あれこれってそういう・・・アレか!?」
みたいになりました。

ストーリーは
・主人公である夏美(姉)の大好きだった春(妹)が死んだ
・妹が好きだったのはその彼氏
・妹が死んだあと、その妹の元彼氏と付き合うことになった
というお話です。

この本の面白いところは
・主人公が辛いことにも無理やり笑って耐えて生きているところ
・それに似たところを感じる元カレ
・とにかく苦悩苦悩の連続
で、この辛さに耐えるシーンが、現代社会みたいで、今の自分みたいで、いろいろと共感を覚えます。

Unlimitedだと無料で読めますので、まずはお試しください!

続いて超おすすめ、「青い花」です。

   

青い花は、「ガール・ミーツ・ガール」を基本とした恋愛漫画です。
主人公の2人は、もともと幼馴染でしがが、引っ越しで離れ離れに。
そのあと、それぞれ近所にある別々の女子高に入学し、はれて再開を果たすところからストーリーは始まります。

この漫画、お嬢様学校が2つ出てくるので、最初「どっちがどっちだ!」と少し混乱したのですが、1巻〜2巻を2度読むと結構スッキリ理解できました。

この本のおすすめなところは
・性的な描写はほぼ皆無(ごく稀)
・絵がめちゃくちゃ綺麗
・皆が健気で、見ていて暗い気持ちにならない
そして読んだあと、「もう一度青春ができたらなあ!」と思わされる内容です。

あととにかくふみちゃんがカワ(・∀・)イイ!!
可愛いなあ。でっかい女の子って好きなんですよね。
自分で「でくのぼう」なんて言っちゃうところがまた、好きです。

ところで、青い花って何だと思います?花の種類。
私は「青い花」ってきくと「アジサイ」を最初に思い浮かべました。
そんなアジサイはそろそろ散ってしまっているかもしれまんが、
この夏に、是非読んで再度青春を思い出して欲しい!と思います。
おすすめです。

8巻は私もアマゾンレビューを書いているのでよかったら探してみてください。

   
タグ:Kindle Unlimited
【Kindleの最新記事】
posted by hinata_hisa at 14:19 | 東京 ☀ | Comment(0) | Kindle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。