2017年11月25日

京都 紅葉2017と日記

※思いついたことをただ書いてるだけなのでとても読みにくいですすみません

fixed_DSC03569 (2).JPG

こういう、写真がウケがいいのは、わかる。

けど好きな写真ってのは、なんか、こうじゃない。

fixed_DSC03348 (2).JPG

こういうの、が好きです。

fixed_DSC03344 (2).JPG

何かこう、悲しい感じ。
写真を見て喜怒哀楽が揺さぶられるとしたら、「なんかすごい」ってのは、技術的なもので。
でもそのなんというか「絵画らしさ」というのか。

=======================================

見た人が「悲しんでくれる」ようなものってのは、良い写真なんじゃないかと思ってます。
雰囲気とかだけで。何かしら感情の移動が起きない写真は、駄作だと思ってたり。
だから、自分のためにだけ撮る写真ってのは、意味があるんですよ。自分だけは「良いなー」って思えるから。
思い出して。なので写真ってのは、へたくそでも、2人が2人のために撮影したのなら意味はあると思ってます。

=======================================

fixed_DSC03380 (2).JPG

もうとにかく、紅葉ってのは散り際が綺麗なんじゃないかって。
思います。地面にいる、すすけた感じの。いや、あと1枚残ってるという足掻きの感じ。

DSC03124.JPG

白かったり、黒かったり。グレーだったりする雰囲気の写真ですね。
あえて、晴れていないほうがこういう画は良いなと思います。

=======================================

DSC03188(壁紙用).JPG

これも曇りの時に撮影しましたけど。
これは、曇りなのに赤すぎて驚きました。
全然、悲しい感じじゃないですね。

=======================================

DSC03234.JPG

ひたすら広角で撮っても意味不明だったりして。失敗です。これは失敗ですよ。

=======================================

fixed_DSC03628 (2).JPG

紅葉って、こうやって、ライトアップされてると、驚きの綺麗さを見せてくれたりして。

紅葉の研究を大学院で少しやっていたのでメカニズムは理解してるつもりです。
この赤い葉ってのは、太陽をよく浴びるところに成長して、冬に向けて役割が終わったから捨てられるんです。
そしてまた、太陽をよく浴びるところほど、綺麗な赤に染まるんです。

=======================================

この3日間。

1,000枚?というような写真を撮って。
何をそう焦ってたのか。
最短撮影距離で撮りたいものが多くて神経すり減らしましたし。
※SEL55F18ZのF1.8のピントはシビアだから

DSC03191.JPG

そりゃもう没も多いし。

DSC03241 (2).JPG

上手くいったものあるけども。
あ、ちなみにこれ↑って、SEL1635Zで35mmにて撮影してるんですけど、なので最小のF値はF4なんですよね。
それでも結構いい感じでボケてました。へーって感じです。

=======================================

今まで何年もRX100M2で撮影してきて、満足してました。
それでも、もっと撮れると思って、機材揃えて色々してみたら、なんだろう。
写真を楽しむというか、ただの思い出の記録から、作品になってしまって。
あれ?・・・こんなつらかったっけ・・・?撮影って?

って思ってしまった。そんな数日間。
写真って楽しいもんだよね。つらいもんだっけ?
絵が描けなくなったのに無理やり描かされているような錯覚。

SEL1635Zで何も考えず山頂で絞りまくって撮っていたのは楽しかった。
でもSEL55F18Zは、こだわりすぎて疲れる。
しかし、これは筋トレなのだろうと思って、耐えるしかないなあ。と。
慣れてないから。マニュアルでF値とか、シャッター速度とか、ピントとか狙ったところにすぐに合わせられない。
そのもどかしさがある。

どうしてもだからまだRAW現像したくない。
まだjpgでいさせてほしいという気持ちが、少し。

fixed_DSC03663 (2).JPG

なんでしょうね。なぜか、いきなり、気持ちが急いでるんですよね。
あれ?俺、こんなに頑張ってるけど、全然ダメなんだけど・・・
思っている以上に人生って短いかも・・・って。
キャンプしたいし、テントはりたいし、野外で料理もしたい、写真も撮って海外にも行きたいし。
やりたいことまだあるのに、紅葉の写真1枚、好きに取れないって、それでいいの?

東京から帰ってきて、ランチ一切食べずにひたすら撮影して。
でもこれ。このレベルの写真しか撮れない・・・。悔しいな、と。

fixed_DSC03392 (2).JPG

楽しみがあって、楽しみの隣に写真があった。
けど今は多分、カメラがあって、そのために何か行動している。
ある意味で本末転倒なのかもしれない。

もちろん、切り取りたい場面があって、そこに向けて自分が動くというのも、ありのはず。
なんだけど、よくよく考えたら、私の場合は写真は「ちゃんと今をどこかに残せたら」だったはずなので。

=======================================

結局今回一番楽しかったのは、全然期待していなかった「行きたかっただけ」の正伝寺で撮影できた、散り際の紅葉。

・行きたい場所があって、隣にカメラがある
・撮影したい景色があって、そのためにその場所に行く

fixed_DSC03608 (2).JPG

これがぐちゃぐちゃになってたんだなと反省。
やりたいことが、ごちゃってなってた。
ごちゃってると、混乱して疲れる。
何のために来たんだ?ここまで?とか自分で悩んでしまう。

特にカメラは重たいし邪魔だし、もうなんなんだよ、って。
肩も凝るし!高いし!精密機械だし!

シルバーアクセ集めてた頃は結構ガンガン当ててしまってたけど。
カメラはまた違う種類の、身に着けるものだなと。

=======================================

もっと撮りたいけど、やっぱまずはやりたいことだなーと。
そしてやりたいことをベストに残せるように、カメラは「練習」をまだまだしていかないと。
たまに嫌になるけど、それはレベルアップには必要。
急いでも、早道はないし、遠回りに見えても地道にやるしかない。

ですね。

fixed_DSC03604 (2).JPG

※念のため。画像の無断使用は禁止しますよ
posted by hinata_hisa at 23:27 | 東京 ☁ | Comment(0) | 写真を撮った | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。