スポンサードリンク

2019年10月29日

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の手術から退院した後の話

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の手術で入院した話」の続きです。

10月24日(木)に晴れて退院となったが、まったくもって何の香りもせずいまだに鼻は詰まったままです。

この日から
・毎日2-3-4回くらい鼻洗浄する
・綿球をつけっぱ&何回か取り換える
というのを義務付けられて生きています。

26日(土)まではかなり鼻が気持ち悪くて1日4回も鼻うがいをしてしまいました。
が、日曜にはかなりマシになり、28日、29日は鼻うがいをしてもレッドスライムは出てこなくなりました。

そして待ちに待った29日(火)。この日、私は鼻の中にあるプレートを引き抜くのであった。
多分痛い。が、とりあえず朝8:30に病院へ行った。

鼻の中のシリコン?プレートは
・抜糸する
・プレートを引き抜く
・抜糸する
という感じで進みました。思ったよりかは、痛くなかったです。

さて問題はこの次。
状態を全部見ます⇒鼻に麻酔薬を入れてカメラ突入というところ。またこの痛いの・・・。
しかも「一番よくみたいところがふさがっている」ということで鼻中隔の癒着部分を「無理やり剥がして」見るということになったんですが。
もうこれが痛い。痛くて頭痛がまたしてきました。

結果的には、鼻中隔が下がってきていて、せっかく手術で剥がした部分がまたくっつきそうになっているので「ソーブサン」を癒着がはがれるように突っ込んで様子をみるという、「マジで!?」みたいな対応になりました。
で、ソーブサンを鼻の奥にグイグイグイグイ突っ込んで頂きまして(もちろん結構痛い)、鼻に綿球を詰めて、処置終わってから出社しました。

次回は、5日です。29日は鼻うがい禁止で、30日から鼻うがい再開です。



ところで、貰った綿球はなくなったのでこれをAmazonで買いました。

・10月30日
29日の施術でソーブサンを入れたためか、鼻からドロっとしたものが出るようになる。
味はほとんどわからない。朝と夜に鼻洗浄して、一日3回の薬を飲むのを継続。

・10月31日
相変わらず寝るときに鼻につめものをしているので非常に面倒。
施術してから丸々2週間が経過。少し風味がわかるように。

・11月1日
鼻が安定してきた感が出てくる。
鼻の中から出てくる謎の黄色い物体はかなり減った。
睡眠の質は最悪なので昼間も眠い。

・11月2日
三連休初日。この日から、家でごはんを食べるときは鼻の詰め物をとっていた。
結構臭いがわかる。ただ、鼻から息をすると若干痛い。

・11月3日
鼻うがいをしても、ほとんど膿がでなくなったので安心。
味は結構わかるような気がする。外で飲むときも、食べ物を食べるときだけ鼻の詰め物をとっている。
posted by hinata_hisa at 14:34 | 東京 ☔ | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。