2013年11月07日

2013年東証一部出来高及び売買代金推移グラフを更新しました

20131107-204002.jpg


本日2013年11月7日は・・・
==========
日経平均14228.44 -108.87
TOPIX1184.73 -7.43
東証2部指数3378.25 -2.81
東証1部売買代金1兆6951億円
東証1部出来高22.54億株
東証1部騰落レシオ95.75%(25日)
==========

空売り比率は30.6%(18.8%+11.8%)
でした。

ボトムアウトするのだろうか?凄い量の空売りです。
東証1部騰落レシオ95.75%、まだ下がりきれていません。
出来高は順調に下がってきています。

昨晩は、ナスダックが謎の下落。


20131107-205528.jpg


コモディティでは、原油が下落中。


20131107-205410.jpg


今年の7月からの上げは帳消しです。
米国債は利回り上昇中。


20131107-204540.jpg


そろそろ3.0に近づきつつありますが・・・

為替はどうか。
日経に似ているのであまり言うこともないですが、
97円より下は異常に固いみたいです。そして99円より上も異常に固い。
しばらくはこのボックス内で動きつつ、大きな動きがあればボックスを突き破るでしょう。

ノーポジ勢としては、とにかく騰落レシオが下がることを期待しています。
ガン待ちです。
posted by hinata_hisa at 20:51 | 東京 🌁 | Comment(0) | 市況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月12日

「2013年度-円に対する各通貨の騰落率推移(週足終値) 」を更新しました

twitterにも貼ったんですけど、あれは8月5日の週の終値が出てなかったので、8月8日(木)のデータで作ったものでした。
それがこれ。

20130809-03531.jpg

で、引けて8月9日(金)のデータが出たのでそれで補正しました。
それがこれ。

20130812-00424.jpg

なんと、円高がマシになってます。
8月9日(金)は円安だったんですね。
特にオセアニア通貨が円に対してほとんど下落しないくらいまで戻しました。

ドルが下げてオセアニアがあがる、ときくと、
おバカな私は「ドルキャリートレードでオセアニア通貨が買われたのか」
とか思ったいするんですけど、どうなんですかね。

キャリートレードで重要なのはLIBORじゃないのか?
なんてかんがえてLIBOR見てみたり。

20130812-01531.jpg

( ´_ゝ`)フーン
すんげえドルって金利安いのね。

まあでも、実際にドルキャリーなんて無いって話も考えると。
そう見えてるだけな気がします。

ただ言えるのは。
日本円が最強だったということです。
一気に円高に行くわけではないと思いますが、円高基調になってしまうと、
円高⇒リバの円安⇒円高・・・と繰り返してそのまままた90円前半まで落ちそうな気も。



予想しても仕方ないですし、為替は複雑すぎてまだ追える知識がありません。
しかし現実を正しくデータとして把握しておくことは、やっていて損はないのかと思ってます。
posted by hinata_hisa at 00:23 | 東京 ☀ | Comment(0) | 市況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月05日

2013年東証一部出来高及び売買代金推移グラフを更新しました

20130805-165650.jpg

8月5日までの分を追加しました。

本日は
=========================
日経平均14258.04 -208.12
TOPIX1184.74 -11.43
東証1部売買代金1兆6431億円
東証1部出来高19.96億株
東証1部騰落レシオ114.25%(25日)
=========================

という結果で、今年最低の売買代金と出来高を記録しています。
グラフを見ていただいても明らかな下がりっぷりです。

売買代金、出来高が下がってしまうとヨコヨコになりやすいと思います。
ただ、「閑散に売り無し」なんですけど、めちゃくちゃ下落した後の閑散ではなくて、一日で+400円とかいった後の閑散なんですよね。
まあ夏枯れって思っていて良いのかなあとは思いますが。

知り合いが「アメリカの政界はグチャグチャしてる」みたいなことを言っていたので、
政局不安が株価に反映されるとすると、ダウが崩れないかな?とは思いつつ。
心配しすぎかもしれません。

個人的に、今年の5月までのわかりやすい上昇気流が来るということはあまり考えておらず、
むしろダブルトップの2つめが1つめのトップを抜け切れず、日経がボックスでのたうつという時期がかなり長くなるのではないかなと心配しています。
といいつつ、そういう諦めの場が来たときこそ買いたいわけで。
8月中に安くなる買い場が訪れてくれないか、狙いたいです。

ちなみに、8月2日(金)の後場に買い増しをしました。
現在ポジは8銘柄。REIT×2、東一×4、新興×2。
利回りは平均すると3%くらいありそうですが、1つ無配の銘柄も持ってます。

あと。ポジは持ってませんし、1単元が大きくて手が出ないのですが、
東燃ゼネラル石油(5012)は8月2日(金)時点で良い感じだと思いました。
こっから抜けるならなかなかのパワーを発揮するかもしれませんね。
しかも利回りも3.92%と高いです。このお値段でも。
金に余裕があったら本当買いたいとこです。
posted by hinata_hisa at 17:14 | 東京 ☀ | Comment(0) | 市況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月26日

2013年東証一部出来高及び売買代金推移グラフを更新しました

20130726-195711.jpg

7月22日までの分を追加しました。

本日は
=========================
日経平均14129.98 -432.95
TOPIX1167.06 -35.26
東証2部指数3205.67 -16.45
東証1部騰落レシオ115.21%(25日)
=========================
という結果に終わり、水曜日にポジったのは時期尚早だった感が否めません。
ただ、私のPFは本日下落が1%程度に収まっており、REITはあまり下げなかったなという感想です。

売買代金は横横ですね。あまり多くはありません。
この後、決算懸念と夏休みで日経が死んで行く場合は、絶好の買い場になると考えています。
個人的には、自民が本気ならここ3年は好景気が期待できるはずなんですね。
ですので、売り叩かれた結果高配当になっている銘柄を安めでホールドし、
後々運よくキャピタルが実ってきたらどこかで売ってしまう、そんな保守的なトレードが十分通じる気がします。
そのため、未だ利回りが5%以上あるREITがいいなとおもったんです。

さてここから先は中国のPMIなどが焦点なのでしょうか。
本日の下落も為替くらいしか売られる要素がありませんでしたので・・・
ここまで上げすぎていたんでしょうかね。

騰落レシオが上で張り付いていたようなことはもう起きず、
騰落レシオの過熱感で売りというベタな戦法もありなのかもしれません。
ただ個人的には、過熱感で売りよりも、
騰落レシオが下げて「売られすぎ感」で買う方が失敗はないとおもっています。

そんなわけで、私は不当に売られる高配当銘柄が無いか探す旅を8月中は続ける予定です。
posted by hinata_hisa at 20:06 | 東京 ☀ | Comment(0) | 市況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月16日

2013年東証一部出来高及び売買代金推移グラフを更新しました

20130716-103101.jpg

7月12日までの分を反映しました。

売買代金は減ってはいるものの、2兆円を維持できています。
この「2兆円前後の売買代金の維持」が堅調な上昇に繋がるような気がします。

今年の頭から2兆円〜3兆円の売買が維持されていた間、日経は堅調にボラがあまり無い状態で上昇し続けていました。
加えて、自民の選挙圧勝期待もあり、それを織り込んでいっているのかもしれません。

リスクとしては、新興国(オセアニア、インド、ブラジル等)問題や商品先物(コモディティ)の下落、中国の金利・銀行の問題にEUの失業率、アメリカのQEの出口戦略など、まだまだ不安定な要素は残りつつも日経は堅調です。
特に大きな問題がなければ日本はBUYなのでしょう。

ただしチャイナリスクとオーストラリアの土地バブル、EUのギリシャ救済は導火線に火がついている気はします。
導火線の長さはわかりませんが。
posted by hinata_hisa at 10:39 | 東京 ☁ | Comment(0) | 市況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月03日

7月2日までの日本円に対する各通貨の、前日終値騰落率の推移(1ヶ月間)

20130703-135944.jpg
こうやってみるとやっと見えてきた世界があります。

FOMC直後の6月15日。
この日までは市場に対して世界的にリスクオフの雰囲気が蔓延していました。
理由としては、日本で言えば成長戦略であり、あげすぎていた日経であり、
中国のGDPと闇金や短期金利(翌日物)の問題がありました。

しかし6月15日以降はまったくもって別ステージに移行しています。
それは、「圧倒的な米ドル高」です。
特に7月2日は珍しく米ドルが最も強い通貨でした。
またその影といいますか、代わりに売られているのは円です。

円安は基本的に円キャリートレードにより起こることが多く、
リスクオンのときにはそれ故に円安になります。
しかし、ドルも金利は低く安定しています。
ドルキャリートレードも行われることがあり、リスクオン時は合わせてドルも売られやすいのです。

ですが、FOMC後に国債はかなり売られたことにより、金利は上昇。
また、米ドルと日本円の間の金利差は拡大し始めています。
金利差があるなら、ドルを買うのが吉でしょう。
ただでさえ最近はドル建ての輸出入も増ています。
ドルで持っていても困ることはないでしょう。

さらに、緩和が終わるということは単純にドルがじゃぶじゃぶしなくなるということです。
国債は買われなくなり、むしろ銀行に対して中央銀行は国債を売ってきます。
そうなってくると、市場に出回るドルは減ります。ドルの価値があがることになります。

ここで気になるのは、このドル高が
「円安が起きたことをトリガーとしてドルが買われているように見えている」
のか
「ドル高が起きたことをトリガーとして円が売られているように見えている」
のか、どちらなのかということです。
私としては、勝手に後者だと思っています。

さらに気になるのは、豪ドルです。どうも豪ドルは弱い。
中国の影響もあり、オーストラリアの不動産はデフォルトするのではないかと言われてもいます。

また、6月15日だけでなく、6月27日の円安から
ここでもまたさらにステージがかわっていることが見て取れます。
日経もこれに影響を多分に受けているのではないでしょうか。

ともかく、現在「日本円」は最弱通貨です。
円資産しか持っていない人には、まったくありがたくない話ではあります。
posted by hinata_hisa at 13:56 | 東京 ☀ | Comment(0) | 市況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月24日

6月21日までの日本円に対する各通貨の、前日終値騰落率の推移/2013年東証一部出来高及び売買代金推移

それぞれ更新したので置いておきます。

20130624-100236.jpg

21日。
クロス円は、USD強いですね。
ユーロが対円でも下落。ユーロはギリシャ懸念も少々あるでしょう。
新興国通貨は売られすぎから買戻しが発生しているようです。
あと、香港ドルはほぼ完全にUSDと連動しているので(ドルペッグ制)、
あまりグラフで見る意味はないです。

20130624-153647.jpg
※6月24日15:30に24日分を追加し差し替えました

21日は日経は大幅高でしたが、出来高をある程度伴った上昇だったみたいですね。
出来高は21日までは順調に回復していくかに見えましたが
24日は大幅に下がり、今年最低の出来高となりました。
posted by hinata_hisa at 10:19 | 東京 🌁 | Comment(0) | 市況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月21日

2013年6月3日から6月20日までの日本円に対する各通貨の、前日終値騰落率の推移

20130621-105902.jpg

今日もコツコツクロス円の理解。

6月20日、円に対して最も上昇したのは実は英ポンドでした。
しかも、次はスイスフランと人民元、そしてやっと米ドルです。

そしてニュージーランドドルと豪ドルが円に対して弱く、
新興国からの回避がかなり起きていることが見て取れます。
中国元が強いということは、中国から新興国への投資も巻き戻っているでしょう。

不思議なのは、6月6日は米緩和縮小観測で円高になったと伝わっているのに対し、
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MNZO071A1I4H01.html
今回、緩和縮小がほぼ決定したタイミングではドル高(新興国通貨高)になったことです。
おそらく、何かが間違ってますね。

今回のドル高は、米ドルのジャブジャブが終わるので、ドル価値があがるとみてのドル買いだと思います。

しかし、6月21日です。
20130621-104257.jpg

これはドル円レートの5分足ですが、3:00から一気に売られています。
また、7:45からもドル円が売られています。





posted by hinata_hisa at 10:50 | 東京 ☀ | Comment(0) | 市況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月20日

2013年6月20日FOMC以後の世界

2013年6月20日AM3:00発表のFOMC以後の世界経済の動き

■発表内容
「事実上の0金利政策を維持」
「月額400億ドルのMBSの追加購入を継続」
「月額450億ドルの米国債追加購入を継続」
「雇用見通し著しく改善するまで証券の追加購入を継続」
「FF金利誘導目標を年0〜0.25%に据え置き」
http://fx.minkabu.jp/indicators/01001


■為替
・ドル/円
20130620-214719.jpg

3時から強烈なドル買いが開始される。
ドル円レートは約14時間で3円も上昇。

・ユーロ/ドル
20130620-214754.jpg

・豪ドル/ドル
20130620-214824.jpg

クロス円を確認するに、「ドル買い」。


■日経
20130620-225734.jpg

海外勢2週連続で日本株買い越し、個人も買い−6月2週需給 - Bloomberg http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MOOIMT07SXKX01.html


■世界市況
20130620-231625.jpg


■金利(10年国債)
・米国債
アメリカ10年国債利回り.jpg

米国債:利回り2011年以来の大幅上昇、当局がリスク低下を指摘 - Bloomberg http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MONQ6B6TTDS401.html


・JGB
日本10年国債利回り.jpg


・イギリス国債
英国10年国債利回り.jpg


・シンガポール国債
シンガポール10年国債利回り.jpg


・オーストラリア国債
オーストラリア10年国債利回り.jpg


・南アフリカ国債
南アフリカ10年国債利回り.jpg


・ブラジル国債
ブラジル10年国債利回り.jpg


・中国国債
中国10年国債利回り.jpg


■コモディティ
・金銀銅
20130620-230054.jpg


NY金、一時89ドル安で1300ドル割れ 2年9カ月ぶり :商品概況 :商品 :マーケット :日本経済新聞 http://s.nikkei.com/11PQldP

FOMCを受けた金(GOLD)市場を読む | みんなのコモディティコラム http://column.cx.minkabu.jp/4642


■関連ニュース
世界の債券と株が下落、米10年債利回りは2011年来の高水準 - Bloomberg http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MOOTP76S972S01.html

アジア・太平洋株式サマリー:全面安、FRB議長発言で - Bloomberg http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MOOYHJ0YHQ0X01.html


■新興国事情(FOMC以前からの懸念含め)
UPDATE 1-新興国株が下落、米FRB議長発言受け | Reuters http://jp.reuters.com/article/globalEquities/idJPL3N0EW2KM20130620

新興市場株:11カ月ぶり安値、FRB議長発言で−通貨も下落 - Bloomberg http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MOOGIX6K50ZL01.html

・ブラジル
期待外れのブラジル経済:泥沼で立ち往生
http://goo.gl/T45MI

・中国
中国短期金融市場の翌日物レポ金利 が13.1%に、10年超ぶりの高水準 | マネーニュース | 最新経済ニュース | Reuters http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL3N0EW0RN20130620

ドル97円付近、上海短期金融市場は混乱に拍車 | Reuters http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE95J05X20130620

中国金融市場:短期金利、過去最高に上昇−資金不足長期化か - Bloomberg http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MOOMFP6JTSF201.html

・南アフリカ
FRBと新興国:投資ブームの終わり
http://goo.gl/62uS8

・ロシア
IMF:ロシア景気予測を下方修正−刺激策が物価あおると警告 - Bloomberg http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MOL9396S972S01.html

・インド
インド株:1年9カ月ぶり大幅安−ルピーが対ドルで最安値 - Bloomberg http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MOOTF66JTSEH01.html


■恐怖指数
20130620-231944.jpg
posted by hinata_hisa at 23:24 | 東京 ☔ | Comment(0) | 市況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年5月20日から6月19日までの日本円に対する各通貨の、前日終値騰落率の推移

本日13年6月20日はどうも円安&株安が進んでいるようでちょっと心配ですね。

20130620-135854.jpg

【所感】
非常に先進国通貨が強い。特に円が強い。
また、途上国通貨が弱い。特に南アランド、豪ドル、NZドルが弱い。

加えて、昨夜はFOMCでした。











他に気になるニュースがありました。











世界的にやはりリスクオフ、特にポジションのヘッジを増やす動きになっていると感じました。
ポジションを完全に解消するほどではないと思いますが、中国の流動性についてはかなり懸念です。
posted by hinata_hisa at 14:04 | 東京 ☔ | Comment(0) | 市況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする