2016年11月06日

38歳までに1,000万円の貯金を持ちたいと思って計算してみた

結論:頑張ればできないことはない

そろそろ34歳になるのですが、残り4年と少しで、件名の貯金ができないか考えてみました。
※補足:私はお金は使わないと意味がないと思っているので、これはあくまで目安のための計算です

■年間250万円の貯金は可能か?
4年で1,000万円は単純計算をすると、年間250万円の貯蓄が必要です。
これは、さすがに無理です!

具体的にシミュレーションしてみましょう。

ボーナスが年に2回、給与が年に12回出るとします。
年間250万円を貯金しようとすると、この14回につき毎回
178,571円
を貯金しないといけません!
※250÷14

およそ、18万円/月の貯金が必要となると、かなり厳しいでしょう。

私は仕事の都合もあって、新宿区に住んでいます。
「38歳までに1,000万円の貯金を持ちたいと思って計算してみた」の続きを読む
posted by hinata_hisa at 12:39 | 東京 ☀ | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

自分を捨てるとは

DSC09214.JPG

久しぶりに12時間寝ることができたのは、きっとやらないといけないと思っていたことすべてを
投げ出してしまおうかという、逆の覚悟ができたからなのかもしれない。

断捨離。

何かを捨てるということ。

捨てる対象が自分の個性の場合、どうやって、自分と向き合って今後生きていけばいいのだろうか。

「自分を捨てるとは」の続きを読む
posted by hinata_hisa at 23:43 | 東京 ☀ | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月21日

「生きてても仕方がない」と思うのは正常

DSC08825.JPG

生きてても仕方がない、と思うのは正常だと思う。
今のこの世の中、致し方ないと思う。

それでも我々は人間として、日本人として、日本に存在していく必要があると思う。
今までつながってきた、このDNAがそのまた先の未来に繋がっていくのだと。
そうしていかないと、きっと過去生きてきた人すべてを否定することになるから。

「「生きてても仕方がない」と思うのは正常」の続きを読む
posted by hinata_hisa at 23:11 | 東京 ☀ | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

未だに克服できないタナトフォビアについて

DSC07560.JPG

小学生の頃、死が怖すぎて泣いてたというほどタナトフォビアでしたが。
30歳を超えても、未だに死に直面することができないのです。

「未だに克服できないタナトフォビアについて」の続きを読む
posted by hinata_hisa at 02:32 | 東京 🌁 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

iPhone 6sのケース及び、iPad mini4のケースのお勧め

1月8日に、DoCoMoへのMNPをしつつ、iPhone 6sとiPad mini4のセルラーを購入しました。
その後、この3連休でiPhoneのケースについてあーだこーだしまくった結果、
これでいこう!という結論に到達しましたので、共有します。

まずはiPhone 6sから。

 

本体の購入直後、この2点を装着しました。
1つ目。
「PhoneFoam LINE カード収納機能付きケース(エラー防止シート付) for iPhone 6s ローズレッド」
ですが、これは「Suica」を一体化させたい!
というものでした。

私は平日はセブンイレブンで朝ごはんも昼ごはんも夜ごはんも買うのですが、
このとき、全部Suicaで買います。Suicaはオートチャージ機能付きです。
ですので、どうしてもSuicaを収納したかったんです。
しかし、手帳型はNG。すぐに画面が見れないとだめです!

というわけで、評価の高いこのケースを購入しました。
合わせて、3GSの頃から愛用している、アンチグレアフィルムも。
私は映り込みがとても嫌いだったのです!
PCのモニタは全てアンチグレアにしています。

というわけでこれらのセットをiPhone 6sに装着しました。

「iPhone 6sのケース及び、iPad mini4のケースのお勧め」の続きを読む
posted by hinata_hisa at 19:48 | 東京 ☀ | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月12日

月に3回ほどしか休肝日を設けないでも問題ないかどうか?と低糖質ダイエット

今年は、夏ごろに週に2回ほどしかお酒を飲まないというくらいにかなり禁酒に傾いたのですが、
その反動か、10月からは月に2回か3回しか休肝日が無い生活を送っています。

元々酒をそんなに飲む方ではなかったのですが、
・ハイボールは蒸留酒なので太らない
・テキーラも蒸留酒なので太らない
というのを知ったことと、そもそもテキーラが大好きで
テキーラトニックを毎日1リットルくらい飲んでいたのです。

「月に3回ほどしか休肝日を設けないでも問題ないかどうか?と低糖質ダイエット」の続きを読む
posted by hinata_hisa at 12:18 | 東京 ☁ | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月08日

平成 26 年中における自殺の状況

http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/toukei/h26.html

第1章 平成26年中における自殺の概要(PDF形式:167KB)
http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/toukei/pdf/h26joukyou/s1.pdf
付録1 年齢別、原因・動機別自殺者数(PDF形式:107KB)
http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/toukei/pdf/h26joukyou/furoku1.pdf

最近は精神が不安定過ぎて自殺について自問自答することがあり、
せっかくなので最近の自殺事情について内閣府の出す統計情報でもみて落ち着こうと
久しぶりに上記pdfでも開いてみた。
私は統計を見るのは結構好きだが、今までずっと人口の統計ばかり見ていたわけで、
自殺の統計を見るのは初めてである。

まず、概要があるのが助かる。正直全部読みたくない。
その結果、学んだことは以下の通りである。

0:年間の自殺数は3万人と言われていたが、去年は2.5万人と減っている
※しかし人口は減り続けているため、数ではなく割合で知りたい気がする
1:自殺する人の7割は男性である
2:おおよそ、40代を過ぎると自殺しやすい傾向にある模様
3:無職の人ほど自殺する
4:経済の悪化よりも、3倍も健康面での自殺が多い。40歳を過ぎるとやはり病気にもかかるものだろうか

日本の自殺は交通事故より多く、
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/6820.html
交通事故死は、たった4,500人程度しかいない。
自殺で死ぬ、という危険性は、交通事故で死ぬという可能性よりも5倍以上は統計上注意しなければならない。

さて、ついでに人口統計である。
http://www.stat.go.jp/data/jinsui/new.htm
見ての通り減り続けている。
人口ピラミッドは、40代の数が新生児の倍存在するという状況である。
http://populationpyramid.net/ja/%E6%97%A5%E6%9C%AC/2015/
つまり、このままだと新生児が30歳になったとき、70代が倍も存在している。

出生数も酷いことに、100万人を遂に割りそうな状況。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/kakutei14/dl/04_h2-1.pdf

未来は明るいのだろうか。
出会ったフィリピンの女の子は、何人か必死に金持ちになろうとしていた。
あの、勢いを日本人から感じられたことは少ない。

あの勢いは、発展途上国特融のものなのだろうか。
生きる事というのはどういうことなのだろうか。生まれたというのは。
posted by hinata_hisa at 18:59 | 東京 🌁 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月31日

何のために「何のために〜するのか?」という質問をするのか?

http://cadot.jp/impression/2882.html

このURLリンク先の記事を読んで釈然としない気持ちになったので書く。

『何の為にわざわざ働くんですか?』就活生が面接官に噛みつき。しかしその後、面接官からの見事な切り返しが…
という題名の記事だ。

そこには、何のためにでも良いので、それがある人とない人では仕事の出来栄えが違う
みたいなことが書いてあるわけである。

・・・?

えー?

これは正直、こう答えたら世間的にはほぼ満点だと思うが。
これが正解という風に書かれているのが、私は釈然としない。
しないし、そもそも答えなんてない質問であり、これは一例に過ぎない。
なのでこの私の文章も、ただの一例に過ぎないわけであることを、念頭に置いていただければと思う。

まず、この回答は非常に厳しい。
この答えから察するに
・目的が無い人は「何のために」という目的を見つけなければならない
・目的が無い人は仕事の出来がある人より悪いと見なされる可能性が高い
・目的が無い人は覚悟がないと見なされる
・目的が無い人はこの会社に不適合である
ということだと思う。

個人的な見解だが、わけがわからない。
このような意見が蔓延る限り日本から鬱はなくならないだろうし、自殺する人も減らないのではないか?
とすら思う。

正直、何のために働くとか、何のために生きるとか、そんな質問は無意味である。

どれだけやる気があっても生産性が悪い奴は悪い。
どれだけ覚悟や目的があっても、会社と方向性があってないと邪魔なだけだし、
強く目的がある奴ほどコントロールがしにくいので扱いにくい。

逆にやる気が無くてもやることをしっかりやれる人はいる。
覚悟や目的がない分、扱いやすくある程度の成果をしっかり上げ続けてくれる人もいる。
それに、そういう人が後々仕事の中で目的を見つけてくれる可能性もある。
その時、会社と方向性が合えば嬉しいし、逆に会社と方向性が合わなくても、
社会的な損失が失われるわけではないのだから、転職して日本を盛り上げてくれればいい。

それに、目的がある人は目的が焼失するとぽっかりと穴が開き、突然クオリティが下がったり
仕事を止めたり引きこもったりする可能性もあるわけで、反動がでかいという悪い面もあるわけだ。

この今の日本の現状を鑑みて、何が目的なのか?何が目標なのか?
私はそういうのは成果とは「それほど」結びつかないと思っている。

私としては、ただ目の前の仕事を契約の範囲内で愚直に「やってさえ」くれればいい。
さぼらず、やりすぎず、ただ「Just do it」してくれればいい。

私もそのように考えるようにしている。
ただ目の前のことを最大限自分のできる範囲で逃げるずに「やる」。
まずはそれだけだ。
それすらできれば仕事は務まるし、目的なんて無くていい。

もちろんこんなことをそのまま言っても誰も請け合ってくれないだろうし、人受けも悪いと思う。
なので面接受けする言葉で飾り立てればいいだろうけど、
そういうところに日本の居心地の悪さみたいなものがある気がする。

私としては、別にそこまで強く生きたくもないし。
誰かのためにどうとかもない。
金持ちに成りたいとも思わない。
たまに山の中に入って自然を感じる時間があれば良い気がしているだけである。

DSC08763.JPG

そもそも毎日生きてる実感もそんなにないし。
消えてしまいたいという気持ちもずっとある。
最近身の回りのものをどんどん売っているし、世間への興味も減る一方だ。

そんな私でも、ただ目の前の仕事を与えられた範囲で逃げずにただ「やる」ことはできる。

目的なんていらない。
ただ目の前の仕事に対してひた向きに頑張ってくれればいい。
とにかく「やる」ということ。

目的の「せい」にしても仕方がない。
目的があるないに関わらず、仕事をすることはできる。
モチベーションとか、家族のためとか、そんなのはタダの言い訳じゃないのか。

きっと目的があって仕事のパフォーマンスが上がっている人は
目的のせいでパフォーマンスが下がったといつか言う。

そんなのはどうだっていい。
ただ目の前のことを「やれ」。
逃げずに「やれ」。

そうしていたらいつか目的が見つかるかもしれないし。
見つからなくても、「やった」結果は過去として永遠に残る。
逆に「やらず」に逃げた記憶も、過去も永遠に残る。
だからただ「やればいい」と思う。

なので、私の答えは
・目的が無い人は「何のために」という目的を捻り出してまで見つけなくてもいい
・目的が無い人は仕事の出来がある人より悪いと見なされる可能性が高いかもしれないけど実際そうとも言えない
・目的が無い人は覚悟がないと見なされるとは到底思えず、ただ目の前のことを「やれる」かどうかだけ
・目的が無い人はこの会社(社会と言ってもいい)に不適合でなんてあるわけないし、やることをやっていればそれでいい
となります。

生きるという事は動くということ。
「やる」ということは、動くという事。
やっていれば、いつか辿り着く。動いているのだから。

逆に言えば「何のために自分は働いているんだろうか?」と考えてるときは
疲れてるか、逃げたい時だと思うんです。
仕事中、そういう疑問が増えてきたら、少し休んでも良いと思います。
サボるんじゃなくて。です。「やる」ために休む。
攻めの休み。休むときは人と話す時間も作りましょう。

それに、家族のために働いている人でも、たまには
「俺はこのままでいいのだろうか?」って思ってますって。きっと。

何はともあれ、目の前の事から逃げ出さず、やっていきましょう。
とはいえ、気楽に。背負い込まず、ただ「やる」。気楽に。

※ちなみに私はVEフランクルが好きで、ロゴセラピー的な概念もとても好きですが、だからと言って目的が見つかるまで何もできないというわけではないし、最初は動くことからはじまるという考えで書いています
※目的があった方が原動力的には動きやすいというのは私も過去何度も経験していますが、かと言って目的消失状態の人に優しくないのもどうかと思ってます

DSC08233.JPG

写真は、なんとなくニュージーランドを思い出したので。
posted by hinata_hisa at 23:03 | 東京 ☁ | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月24日

死装束



俺が死んだらこれを流して欲しい。
そんなことを思った曲はなかなか少ない。
Sigur Rosの#1。

これを聴いたとき、心が開放された気がした。
これこそ、相応しい。君が故に。そうあるがままに。魂は開放される。



もう1つは、無限マイナス。
葬式に、参列して。蛾が夜に舞う。それでいて儀式なのであろう。

世界は荒廃するのか。
世界は荒廃しても。
俺が俺であり。
あなたがあなたであり。
世界は、広がり。
世界は、狭い。故に。
これでいて、2曲。

魂。
posted by hinata_hisa at 21:46 | 東京 ☀ | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月29日

価値観と住む場所のはなし

フィリピンに行って、価値観が2つ、変わったことがあった。

フィリピンはdeveloping countryだった。

DSC03919.JPG

彼らの時給は150円くらいだった。

けれどそこにはそこに前向きに生活している人がいて。
日本やオーストラリアやアメリカに憧れる人がいて。
現状に不満を漏らす人がいて。

地面はガタガタで。空気は汚くて。
水道水は飲めなくて。トイレに紙は無くて。
治安も悪くて。信号もほとんどなくて・・・。

それと比較したら日本の生活の。
なんて綺麗なことか。

「価値観と住む場所のはなし」の続きを読む
posted by hinata_hisa at 21:15 | 東京 ☀ | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする