2016年03月01日

posted by hinata_hisa at 23:14 | 東京 ☀ | Comment(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

かすれた詩

posted by hinata_hisa at 00:33 | 東京 ☀ | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月12日

左向き[攻勢]

return your hope.JPG

勢いで首を振り下ろす 脳 shake 葬
あなたは勝手が違うから 全然に 成るわ

差し当たっては 空だと
お前に何が分かってるんだ?世界、Grey

盲目に恋する君のそのどうしようもない
死海が幕を開ける 戦え 世界 投じる身を 見ろ

全くなその視線に
突き刺さるわけでもねえ。殺す
ああその 戦う気もない君の価値のない生きざまに
心から祝福と尊敬と飽きれ果てた視線を隠す 隠語の嵐
戦えその行くがままに
戦えその炎のままに
一滴も残さずしゃぶり尽くせ、できれば

泣ければ強い。哭ければ辛い。
逆上がりの泥。濃く壊れるその
放課後の先に。ロッカー内。イカれたその先。
コマンド入力が受け付けられるのは、シナプスの理解か

盲目に恋する君のそのどうしようもない
叶わぬ恋慕。世界はWhite。黒色のbye-bye。

不思議な身体ね
脳の。中身。でも。
ドグラ。間も泣かせ打ち抜く君の舞う

殺す。殺す愛
殺す。殺す管
殺す。殺されねばならない。君の
我儘に付き合わされた時間で君の棺桶を買う。

不幸の園。
いつも、苦い、苦い何かが怒涛のごとく襲い。
お前はそれほど
何をもって何をもって
殺しに来た君を殺すのだろう。
Death My Name
世界ああ

頭は揺れて君すらも消える。
いつかまたその愛に触れたら

あの時に戻れたらなんて笑えば咲く視界と
刺さるのは止めれたの
でも

確かね?ああ。分かってる

お前の存在全てそのまま無駄だったんだよ
気付いたら暴力の虜
コマンドをお待ちしています
高らかに

盲目に恋する君のそのどうしようもない
一方的な愛 斑目巡り もう一人の
世界。助けるのは君の傷
posted by hinata_hisa at 00:20 | 東京 ☁ | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月15日

【詩】雪原のimmorality

DSC06535.JPG

久しぶりの詩の投稿です。
待ち時間が暇で、かつ圏外のときに書いてたら3つ溜まってましたのでここで一度お披露目です。
いつもは絵を合わせて添えていますが、今回は写真だけです。
気が向いたら絵を後で添えるかもしれませんが・・・

「【詩】雪原のimmorality」の続きを読む
posted by hinata_hisa at 15:06 | 東京 ☀ | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月10日

【詩】redcase

嬉々 Endless

敵 飢え カケラ 血肉
前人未踏 宝ヶ浜 突き刺せ怒号

欲深い俺に結ぶ
反安息、赤色のテーブル
Keepout プラスチックケース

枯れない花は本当に綺麗ですか

このまま

意味が無い発見で喜ぶあなたに
喜びのまなざしを向けた俺の顔に
書いてある言葉を読み上げてくれないか

一瞬の積み重ねが永遠に続く
罪重ねた記憶は消せない

もう少しだけ記憶にすがらせて欲しい
あと少しで戻る、生き返る、だから

フリーズドライ
エゴイズム
life force
嬉々 Endless

何色に染まれば気が済むんだ
反安息、赤色のテーブル
Keepout プラスチックケース

枯れてるあなたも本当に綺麗

赤色の水をあげよう
赤色の花を咲かすまで

このまま

嬉々 Endless

敵 埋め カケラ 血肉
全人死闘 焼野原 しっかり殺せ

フリーズドライ
エゴイズム
death force
死体鑑賞 laughing again
posted by hinata_hisa at 13:46 | 東京 ☀ | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月05日

4月29日

今日はゴミ捨ての日
臓器が空から降ってくる
ヒトのカケラが降ってくる

不要となった人体は
生まれた街に捨てられる
カケラとなって捨てられる

4月29日の午前4時
晴れ時々人体は
グラム0円、ご自由にお持ち帰りください

空に羽ばたく人がいる
合わせて羽ばたく人がいる
人ゴミに紛れて落下する

午前4時に響き渡る
羽ばたく人の悲鳴と
叩きつけられる臓器の音色
彼らが
夢に染み出す
侵食する
迷惑なやつは、ミンチにされても迷惑だ

朝日に輝く血の小川を
避けて歩く
落下してきた人に潰された猫を見た

迷惑だ
避けるべきは
かつてお前らだったほうだろう?

踏み潰す
踏み潰す
形の残った内臓を
飛び散った骨の破片を
踏み潰す
踏み潰す
猫の死骸もろとも
踏み潰す
ハイヒールが眼窩に突き刺さり
眼球がこぼれ落ちる

目の奥が痒かったんだ、ありがとう
あいつがそう言った気がした

どういたしまして

今日のランチは
トマトのミートスパゲティ
posted by hinata_hisa at 01:13 | 東京 ☁ | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

殴れない程の怒り

撒き散らせこの受難
対等に渡り会えず
殺す側と殺される側の
そのままの理想とは

血の間
殺意、押し殺し
笑顔の無表情

心の中で殴り続ける
思考停止の衝動
出鱈目
解決無理心中

救えるのなら救って見せろ
何も考えてないやつは死ね

説得拷問、咥える希望
小物
近づくな

救えるのなら救って見せろ
何も考えてないやつは死ね
押し付けがましい好意はたくさんだ
お前はただの肉の塊か?

ガス、憑依の根
痙攣する知性と煮える
魂の温度差

どこまでも続く死への道に蠢く
クソどもが
蝿になってまとわりつく

解はなく不快
示唆される無限地獄
答え無き五分

諦めろ
二度と手に入らない過去に絶望して
posted by hinata_hisa at 01:10 | 東京 ☁ | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

虫篭

脛に涌く蛆虫を喰らう日常を終える
朝起きたら牛の胃袋
石とすり潰される

ありのままでは居られない

絶え間なく伸び続ける爪
永遠に塗るマニキュア
まどろみ、全身の毛穴が光りを放つ
毛穴に集まり交尾する蟲

強欲、畜生、強欲

痒みに叩きつける腕
潰される蟲と悲鳴に飛び起きる汗
虹色に見えた世界が
黒一面の甲虫の群れ

ムカデの足に変形した体毛で這い回る
快感だけが頼りで

どの目が俺の目だったのか

卵を生む歯
粘着したランチを眺めた
我慢できない産卵

満月の日に羽化しよう

唯一の存在になる幸福
奇形の夢が
嬉しくて笑っている
posted by hinata_hisa at 01:01 | 東京 ☁ | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

Ctrl-X

Ctrl-X

「Ctrl-X」

みて みて いきてるわ

只、気付いたら其処に居た
何時からか遠ざけて
憎らしげに
羨ましげに

ホラ、赤かった頃
何故も無く渡された
望まれた
擦り抜けた

興味が無い振りで興味を奪う
若干の蕾 絶対の線

ヌルリ 溜まる
無くならない 嫉
タラリ 垂れる
溢れ出す あぁ

みて みて こわいのよ
いて いて ここにいるよ
まだ いま こわがるの
みて みて みて

乾いた表 境界の形成

まだ足りない まだ足りない
やっとみつけた 嘘でも
みないで みて
みないで みて
痛い 何で 罰罰罰
早く早く 情外の感情
理解らない 産狂う

*********り
*********る
*********し
*********に

でもでもでもでもでもでもでもでも

タラリ 垂れる
溢れ出す あぁ

何回切っても
落ち着かない

みて みて こわいのよ
いて いて ここにいるよ
まだ いま こわがるの
みて みて みて みて

いま 溢れ出すその心に
もう許されるなんて許さないわ

みて みて いきてるわ
posted by hinata_hisa at 03:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする